京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2018年1月14日(日)のこと

イメージ 1

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年1月14日(日)聖日礼拝」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 2

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 4

よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓














 2018年 1月14日(日) ブログ



イメージ 5
 
2018年 1月14日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 ルカによる福音書 16章 1〜13節

  説 教 「罪人の金とキリスト

  讃美歌21 425「こすずめもくじらも」

        412 「昔、主イェスのまきたまいし」

        482「わが主イェスいとうるわし」      
 

  礼拝出席者数  27名 

          京北教会の礼拝に来られるのが、

          初めての方が、遠方より来会されました。

          ご出席に感謝。昼食準備の手伝いもいただき、
 
          ありがとうございました。

          春からの進路に主イェスの恵みを祈ります。

          どうぞ、またいらしてください。
         
   
  礼拝後 ・軽食 ・1月定例役員会


イメージ 6

     
  週報掲載 <聖書と宣教のことば>

     ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──



「そこで、わたしは言っておくが、

 不正にまみれた富で友達を作りなさい。


 そうしておけば、金がなくなったとき、

 あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる。


 ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。

 ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。


 だから、不正にまみれた富について忠実でなければ、

 だれがあなたがたに本当に価値あるものを任せるだろうか。


 また、他人のものについて忠実でなければ、

 誰があなたがたのものを与えてくれるだろうか。」 

 
   ルカによる福音書 16章 9〜12節




 「不正にまみれた富で友達を作りなさい」──

  この言葉の意味を私たちは考えます。


  これは、イエス・キリストが、

  たとえ話のあとに語られた言葉です。


  不正を批判された人間が、

  生き延びるチャンスをつかもうとして、

  さらに不正を重ねます。


  そのなかで、罪人にしかできない善行をします。


  それをどう見るか、私たちは問われています。


  不正な人間もまた、

  自分がどう生きたいかを、

  神の前で考えています。

 
  自分が果たせることは何か、と。


















イメージ 7

 前日から雪が降って、寒い朝となりました。


イメージ 8

 手すりにも雪が。なかなかの量が降りました。


イメージ 9

 寒くても、奏楽者はオルガン練習。そして礼拝出席者が来場。 


イメージ 10

 受付のマンリョウの実。


イメージ 11

   雪の日の京北教会の玄関。受付は外に直接に面しています。

 
 受付机の足元を、板で囲ってファンヒーターの温風を流します。
 
 すると、寒いなかでも、下から温まるので大丈夫だそうです。

 受付担当者の皆様に感謝です。


 
イメージ 12

   そして、礼拝後の軽食。

 温かい豚汁をご用意いただき、ありがとうございました。

 たっぷり用意されたので、喜んでおかわりしました。

 みんなで美味しく、温まっていただきました。感謝。

 新年らしく黒豆も。そして漬け物。


 さらに、写真左端、手作りの「クルミ入の干し柿」。

 長野在住の方が作られたものを、ご家族を通していただきました。

 とても美味しかったです。クルミ入の干し柿を初めて食べました。

  貴重な手作りの品を、どうもありがとうございました。



 軽食後に、京北教会の礼拝に初めて来られた方に、

 ご挨拶をいただきました。感謝です。

 春から新しい進路へ行かれるとのこと。

 京都に来られる機会がまたあれば、

 どうぞ礼拝にいらしてください。


 その方が兵庫県から来られたと聞いて、

 1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災を、
 
 ふと思い出して、少しその関係の話をしました。

 今年も兵庫教区では1月17日(水)夜に神戸教会で、

 追悼礼拝が行われます。


 (参考──兵庫教区による昨年の追悼礼拝 於 神戸栄光教会)
 
   下記のアドレスをクリックすると開きます。



 阪神淡路大震災から20年以上が過ぎました。

 あれから世界はどのように変わったのでしょう。

 昔のことを知らない世代が生まれ、

 様々なことが過ぎていきます。

 それでも、これからの社会の進路を良いほうに変えるのは、

 震災を知らない世代も含めて、みんなです。

 教会の祈りを大切にして、みんなで工夫していきましょう。

 









イメージ 13
 
 昨日の晩からの雪。


 雪国と比べれば、どうってことない雪でしょう。

 でも、やっぱり気を使います。

 道でこけないかとか、寒いとか、今晩はどうなるか、とか。


イメージ 14

 枝についた雪。


イメージ 15

 庭に積もる雪。


イメージ 16

 窓の外に映る雪。


イメージ 17

 花に積もる雪。




 


 寒いですが、雪を見ることができるのは幸せです。