京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

11月30日(日)待降節(アドベント)第1聖日





            <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2014.11.30

 「11月30()待降節(アドベント)第1聖日

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7
 
 
京北教会のホームページを、
 
ブログとは別に作っていますので、
 
よろしければ、どうぞご覧下さい!
 
 
ホームページのアドレス
 
 
 


 
 
 


  
 
本日のブログはここからです。
 
11月30()待降節(アドベント)第1聖日









イメージ 5


アドベント(待降節)第1日目の朝は、

とてもよく晴れていました。



イメージ 4

牧師住居の窓から見た庭の景色は、

いかにも秋でキラキラして、


イメージ 6


 モミジと夏ミカンが、朝の光のなかにありました。


イメージ 7


 朝日が緑を射抜いて。

 



 


イメージ 25

 それにしても、今年の夏ミカン、実が多い……。








イメージ 8




 2014年 11月30日(日) 京北教会 聖日礼拝


 聖書 エレミヤ書 23章16〜24節

 説教 「本当のことの到来」

 讃美歌21 231「ひさしく待ちにし」

       482「わが主イェス」

                   458「信仰こそ旅路を」


   出席者数 29名


    礼拝後 
 
    ・特に予定なし
  
    (第5週日曜の礼拝後は、茶菓の席を持ちません)







イメージ 9



        週報掲載 <宣教のことば>



 
 教会の暦で「待降節」とは、

 クリスマスまでの4週間の期間を指して、

 アドベントと呼ばれます。



 この言葉には「現れる」という意味があります。

 イエス・キリストのお生まれを待ち望むときに、

 すでに新しいことが現れている、ということでしょうか。



 「教会の1年はアドベントから始まる」と、

 初めて聞いたときは不思議な気がしました。

 クリスマスから始まるのなら、

 何かわかりやすい気がしますが、

 そうではないのです。



 それは、年の始まりとは、

 何かが起きたから始まるのではなく、

 何かが起きることを「待つ」、

 その姿勢から始まるということです。



 しかも、ただ待つのではなく、

 信じて待つこと。

 そのなかで、自分の姿が整えられていきます。



 待つ期間はやがて過ぎ去ります。

 教会もクリスマスを過ぎると、

 次に年末年始があり、新年を迎えた後には、

 また日常に戻っていきます。

 だからアドベントなんて、あっという間ですよ。



 けれども、その一日一日を惜しむように、

 「主を待ち望む」ことがアドベントです。


 
 一日も無駄にしないで、待つこと、できますか。 

 






イメージ 10

 教会庭の木から、枝を取ってきます。
 


イメージ 11

適度な大きさの枝を取って、

大きさの違うリースを、分担して作ります。


(11月29日(土) 13:00〜 有志 アドベント教会飾り付け)


イメージ 13

黙々とクリスマスツリーの飾り付け。



イメージ 12

切って、巻いて、くくりつけて、はさんで。


イメージ 14

みなさま、ありがとうございました!

待降節の準備ができました。




イメージ 15


道路に面した、教会庭の樹に、

ツリー・ライト。


昼間に付けて、夜に形を確認して修正。

いい感じに出来ました。


小さ〜く、白い月が、

並んで写っているのがわかりますか。



イメージ 16




先週、

施設に入所しておられる方を訪ねました。



施設の周囲は、紅葉真っ盛りでした。


イメージ 19


京北教会のアドベント・コンサートの、

チラシを20枚欲しいと言われていたので、

できたチラシを持って訪問してきました。


チラシは全部、お友達に郵送されるそうです。感謝。



イメージ 17


ミニミニ・クリスマス・ツリーの、

プレゼントがありました。ビーズとのこと。



イメージ 18


部屋に自作のリースが掛けられていました。

昨年のオルガン・コンサートのとき、

壁にかけていましたね。



住む所が変わっても、

つながりを感じるものがあって。




イメージ 20


先週、11月23日(日)には、京都教区の、

「震災セミナー」が洛陽教会であり、

仙台の被災者支援センターで働いている方の、

講演を聴く機会がありました。



イメージ 21

スライドでわかりやすく説明していただきました。


目に見えるモノの復興だけに目を向けず、

目に見えない支援としての、

人とのつながり、

仮設住宅の方々と一緒に行うお茶会、

現地の農業・漁業などの支援などのワーク、

などなど、今も切れ目なく、

続いている活動に感銘を受けました。



イメージ 22

いろいろな催し物があって、

京都教区は恵まれているように思います。


「つながりあうこと」のために、

それぞれが、できることをしましょう。





イメージ 23


今年の秋は、良く晴れた日が多かったです。



イメージ 24




アドベント(待降節)の第1日目。


モミジの赤に、

クリスマス・カラーの赤を見つけた気がしました。