京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2014年5月18日(日)/記念会

           <きょうほく・きょうかい>
「虹の架かる教会」京北教会ブログ
2014.5.18
 「5月18日(日)のこと」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 
 ─以下は、過去(2010~)のブログを読むときに便利な方法─
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 13

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!

ホームページのアドレス









本日のブログはここからです。
「5月18日(日)のこと」






イメージ 9

とてもよく晴れた朝でした。
アジサイの葉が輝いて。


イメージ 3

教会の玄関にて。
紫蘭(シラン)の花。

イメージ 4

さあ、一日が始まります。

イメージ 10

イメージ 11


 2014年 5月18日(日) 京北教会 聖日礼拝

 聖書 ヨハネによる福音書 21章15~25節
 説教 「あの羊飼いのように」
 讃美歌21 155「山辺に向かいて我」
       412「昔、主イェスの」
                   493「いつくしみ深い」

   礼拝出席者数 37名

   礼拝後 ・故人の記念会 式辞:平山武秀牧師(隠退教師)
                  2月に逝去された故人を記念して小礼拝と茶話会。
                  たくさんの方々の出席を感謝します。


イメージ 6

朝9時半過ぎ、記念会の奏楽の練習。
この日のために長野から来られました。


イメージ 5

礼拝堂のお花は、記念会の花として寄贈いただきました。

茶話会のお菓子も美味しくいただきました。感謝。



イメージ 7

 週報掲載 「宣教のことば」

 ヨハネによる福音書の終わり近くには、
 復活なされた主イエスが、使徒ペトロに、
 「わたしを愛しているか」と三度尋ねて、
 ペトロが「はい」と答えるたびに、
 「わたしの羊を飼いなさい」と命じられた、
 そのことが記してあります。

 同じことを三度も尋ねられて、
 ペトロは悲しくなったとあります。
 
 ペトロはきっと思い出していたでしょう。
 主イエスが十字架にかけられる前日の夜にペトロは、
 決してイエスを裏切らないと誓ったあとに、
 状況が変わって人々から問い詰められたときに、
 イエスを知らないと三度も否定しました。

 あのとき三度の否定をしたペトロに、
 今度は三度の肯定をさせることで、
 主イエスはペトロに、
 新しい気持ちを与えたかったのですよ。

 裏切った自分の、 
 心のうずきをかかえて生きずに、
 新しい気持ちで生きること。

 ここから使徒ペトロは、
 残った人々の群れを羊飼いのようにまとめていく、
 新しい使命に生き始めます。









とても天気のよい日でした。


イメージ 12


帰ってくると、京北教会に木もれ日が射していました。


イメージ 8


あわただしく過ぎた一日……
だったと思っていましたが、
あとになると、
心静かに過ごした一日……
とも思えてきました。




この幸いな日を受けとめて、また明日へ。