京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

12月30日(日)のこと/クリスマス礼拝の説教

  <きょうほく・きょうかい>
「虹のかかる教会」京北教会ブログ
2012.12.30付 「クリスマス礼拝/イヴ燭火礼拝」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 ─以下は、過去(2010~)のブログを読まれる方へ─

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約9分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!








 ここからが本日のブログです。

 2012年 12月30日(日) 

「12月30日(日)のこと/クリスマス礼拝の説教」





イメージ 4


 今日は雨の日でした。





 2012年 12月30日(日) 京北教会 聖日礼拝

  聖書 ルカによる福音書 2章 22~35節

  説教 「安らかに去らせて」

  讃美歌21 361「この世はみな」
  
        482「わが主イェス」

        258「まきびとひつじを」


  出席者数 17人  毎年、この時期は減ります。

  
  礼拝後 いつものお茶のときは無しにして、

      クリスマスの物品を、

      みんなで協力して片付けました。

      

イメージ 5


 イブの燭火讃美礼拝の手持ちキャンドル台から、

 溶けたローソクをこそげとり、来年に備えます。


イメージ 6

 リースも来年のために、きれいにしまっていきます。


 
イメージ 7

 クリスマスツリーも来年のために、きちんとしまいます。



イメージ 8



 
 以下は、先週の礼拝説教です。



 2012年 12月23日(日) 京北教会 

 クリスマス聖日礼拝説教 「星を見つめ続けよう」

 聖書 ルカによる福音書 2章 1~7節


      「ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、

     マリアは月が満ちて、初めての子を産み、

     飼い葉桶に寝かせた。

     宿屋には彼らの泊まる場所が、
 
     無かったからである。」(7節)


 星を見つめて旅をして、そこでイエスが生まれました。

 当時は方角を示す唯一のものは、星でした。

 夜も歩いて急ぎの旅をするには、

 星を見つめ続けることになります。


 クリスマスがお祝いされるようになったのは、

 実際のイエスの誕生から、数百年も経った後からです。

 最初の教会においては、そんなに大事でなかったようです。


 イエスの誕生の物語は、ロマンチックではありますが、

 それゆえ「お話」っぽくて、重要な使信とは思えなかった?

 …のかもしれませんね。


 けれども、クリスマスって、大事じゃないですか?

イメージ 16

 
 世界で今もクリスマスは大きな行事です。

 もしかしたら、クリスマスが無かったら、

 キリスト教キリスト教にならなかったかもしれない…。

 それほどに大切なものだったのですよ、実は。


 クリスマスが無ければ、キリスト教は「大人向け」の、

 いわば人生哲学みたいなもんで終わっていたかもしれません。

 クリスマス(のお祝い)があるために、

 キリスト教は、子どもも大人も含めた、全ての人への、

 全ての世代へのメッセージとなったのではありませんか?


イメージ 21




 では、クリスマスはいったいどんなメッセージを、

 全ての人に向けて発信しているのでしょうか。

 その一つは勇気です。

 クリスマスの物語は、勇気を与えます。


 マリアもヨセフも、受け入れがたい自分たちの運命を、

 勇気を持って受け入れました。

 なぜ、神の独り子、世の救い主としてのイエスを、

 我が子として産むのか。

 なぜ、その親となるのか。

 マリアはまだ結婚していないのにみごもり、

 ヨセフは実直で、律法に違反する結婚はしたくないのに、

 彼女と彼は、自分たちに「降ってきた」、

 その事実を受け入れます。


イメージ 17


 なぜ、それが出来たのか? なぜ、その勇気が出たのか?

 聖書は、それは神様がそう導いてくれたからと語ります。

 天使やら夢やら、羊飼いやら博士やらが出てきて、

 窮地に陥った二人を、神様が救ってくださる、そこから、

 勇気が与えられたと聖書の物語は示しています。


 神様が私を救ってくださったから…。


 しかしながら、本当にそうでしょうか。


 確かに、今の時代でもそのように、

 「神が私を救ってくれた」と、

 自らの経験を人に語る人がいます。


 それは、おそらく、よいことなのでしょう。


 けれども、そうした経験があるからといって、

 それは「神様は本当に存在する」という実証になるでしょうか?


イメージ 10


 人は時と共に成長します。

 神に救われた経験があったとしても、いつかは…

 この世界には本当には神様なんていない、

 ただ自分がそう思った、感じた、だけなんだと、

 振り返らざるをえなくなるときだってあります。


 科学的な見方があり、また世界の情勢を見る見方があり、

 人間の心理を解明する見方があり、その他いろいろあって、

 神を信じる心と、現実世界との矛盾が大きくなれば、

 人はいつか、自分にとっての神様の存在を考え直します。


 あれは、私がそう思っていただけで、

 神様なんて、本当は存在しないのかもしれない…。


イメージ 11


 しかし、そう思うと、今度は別の問いが生まれます。

 神様が本当は存在しないのだとしたら、

 では、あのとき、私を救ってくれたのは、

 いったい誰だったのだろう? 何だったのだろう?


 現代の私たちが、

「神様なんて本当は存在しないんだよ」と、

 そのように、

 マリアとヨセフに、

 とても優しい言い方で、

 相手の気持ちを尊重しながら、

 懇切丁寧に、誠実さをもって、

 その根拠がよくわかるように、

 じっくりと時間をかけて、

 教えてあげたとしたら、

 二人はどうするでしょう。 


イメージ 15


 
 神様がいらっしゃると信じたからこそ、

 それによって救われて、

 ようやく、なんとか、

 自分たちの運命を受け入れたのに、

 神様は本当は存在しないのだとしたら、

 …では、自分たちを救ってくれたのは、

 誰だったのだろう? 

 
 あれはいったい、何だったのだろう?


 マリアとヨセフのそんな葛藤に満ちた問い、

 (というものが本当にあれば)

 それは、現代を生きる私たちにとっても、

 全く同じ問いです。


 神に救われたと思っていたのに、

 それがそうでなかったとしたら、

 では、誰が、何が、

 この私を救ってくれたのか…?


イメージ 12



 それに対する答えは、

 私を救ってくれたのは、

 おそらく…

 私なのでしょう、ということです。


 自分の知らない自分、

 自分がまだ気がついていない自分が、

 私の中で勇気を出させてくれたのです。


 きっと、マリアも、ヨセフも、

 自らが勇気を出したのです。


 そして、私たち一人ひとりも!



イメージ 13


 話は少し飛びます。

 「サンタの学校」というものがアメリカにあるそうです。

 サンタさんが勉強している学校ではなくて、

 子どもたちにプレゼントをあげるサンタになるために、

 普通のおじさんやおじいさんが、

 サンタ・クロースになるための勉強をする学校です。

 期間は一週間、費用は約3万円とのこと。

 
 サンタの服装をきれいに身につけ、

 髪の毛もひげも、真っ白に美しくメイクします。

 子どもたちからの質問に答えるための勉強もします。

 煙突の無い家にはどうやって入るとか、

 トナカイはどこに留めているのか、などなど。


 そうやって、見た目も、中身も、

 ばっちりと、全てがサンタらしくなっても、

 まだサンタ・クロースになるには駄目だそうです。

 外見や言葉をサンタらしくしたとしても、それではまだ、

 子どもたちはサンタだと信じてくれないからだそうです。


 本当にサンタ・クロースになるために、大切なこととして、

 その学校で、一番大事にしている教えは、

 「自分がサンタ・クロースだと信じること」だそうです。


イメージ 14


 現代の、フランスの哲学者でキリスト信徒である、

 ミシェル・アンリは、次のように言います。


 「実際、生きるとは、『自分自身を感じとること』、

 『自分を自分に明かすこと』に他ならない」。

          (『キリストの言葉』ミシェル・アンリ著より)



 神を信じることは、自分が自分でなくなることではなく、

 自分のまだ知らない自分の正体が、自分に明かされていく、

 そういうことなのでした。


 あなたには、あなたを救う力がある。

 神に救われたと思っていたあなたが、

 たとえ何年かして、

 神は本当はいないんだと思ったとしても、

 それは絶望することではなく、

 自分自身の本当の姿、勇気ある自分が、

 かつて、そこに、本当にいて、

 この私を救ってくれたんだという、

 驚くべき事実を発見するときなのです。



 そして、それ以上に大きな発見が、

 さらに、あなたを待っています。

 あなたを救ったのは、あなたの勇気だと、

 気がつかせてくださる、まことの神がおられると!


イメージ 18



 あなたが、自分自身の正体を知ることができるようにと、

 全てを導いてくださる、まことの、慈しみ深い、

 愛に満ちた、あなたの神様がおられます。


 マリアも、ヨセフも、そして私たちも、

 そのことを知るのが、クリスマスです。



イメージ 19


  
 マリアも、ヨセフも、勇気を出して旅をしました。

  
 それは、星を見続けることによって、

 方角を間違えずに、夜道を急いで歩く旅でした。


 方角さえ間違わなければ、道のあいだに出会う様々なことも、

 勇気をもって、ときには切り抜け、ときには受け入れ、

 そうして、いつしか、思いがけないときに、

 クリスマスのときに、たどりついたのでした。


 神様を信じるからこそできた、

 その旅の、もうひとつの意味は、

 自分を知り、自分を信じる旅であったということです。


 ヨセフもマリアも、そして私たちも、

 神の名のもとに勇気を出して、

 自らの運命を引き受け、

 そしていつか、己を知るのです。


 神の導きが引っ張り出してくださった、

 その、大切な己を。

 
 イエス・キリストの恵みと共に。



イメージ 20



 







 今日、12月30日(日)の年末聖日礼拝を終えて、

 この1年間の全ての聖日礼拝が終わりました。


 今日の礼拝説教の題は「安らかに去らせて」です。

 ルカによる福音書の2章22~35節にある話からです。


 老いたシメオンという人が、

 神殿にお参りに来たヨセフとマリアが連れた、

 赤ちゃんイエス様に出会って、


 「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり、

  このしもべを安らかに去らせてくださいます。

  私はこの目であなたの救いを見たからです。」(29~30節)

 
 …と語る箇所からでした。

 
 神の恵みを証しして、生き続け、そして、

 区切りが来るときに、安らかに去っていく老人、シメオン。

 もう、思い残すことはない生き方を、

 それまでにしてきた人でした。

 
 もうすぐ、2012年が去っていきます。

 いろいろあった、この年も、

 安らかに去らせてあげましょう。


 不安なこと、困ること、いやなこと、

 うれしいこと、楽しいこと、おもしろいこと、

 いろいろあったけど、この年も、もうおしまい。


 クリスマスの恵みを区切りに、

 新しい年、2013年を、

 神様から、新しくいただきましょう。


イメージ 9



みなさん、良いお年を!