京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2012年9月2日(日)のこと

2012.9.2
「虹のかかる教会」京北教会ブログ
─創立103年目の歩み─

記事はこの下にありますので、スクロールしてご覧下さい。
(注)ヤフーブログでは、最近、トップ画面に広告が入り、
左の欄の幅が広がって、全体に読みにくくなりました。そこで、
広告が目に入らずに記事を読めるように、ブログの冒頭の体裁を変えてみました。

イメージ 13












ここからが本記事です。

2012年 9月2日(日)







イメージ 1

 日曜日の礼拝の受付。
 玄関の扉を開け放したところなので、
 暑い季節、寒い季節、ここで受付をされることは、
 お体にこたえるだろうと思う。

 けれども、毎週、当番を組んで受付される方々は、
 「大丈夫です」と、言ってくださる。
 感謝に堪えないことです。ありがとうございます。

 教会を初めて訪ねてこられた方が、
 最初に出会う方は、受付の方。
 とても大切な働きをしていただいている。



 今日の奏楽者は、初代リードオルガン(1916年or17年製造)を、
 用いて弾いてくださった。
 聴く者をつつみこんでくれるような低音が、
 礼拝堂によく響く。奏楽者に感謝。

イメージ 2


 2012年 9月2日(日) 京北教会 聖日礼拝

  聖書 ルカによる福音書 10章13~20節
  説教 「人の勝利の影に」

  讃美歌21 17「聖なる主の美しさと」
        58「みことばをください」
        430「扉の外に立ち続けて」

  出席者数 23名

  礼拝後 ・軽食
      ・9月定例役員会



イメージ 12


 今日は、茄子のたっぷり入ったチキンカレーでした。
 おいしかったです。カブの酢漬けが、よく合いました。
 ご用意くださった皆様、ありがとうございました。

 そして今日は、おみやげとして、韓国のノリをたくさん、
 いただきました。お友達からのいただきもの、とのこと。
 塩味とゴマ油の味付けでおいしい。
 暑い日々が続くなか、手軽な塩分補給にもなりそうな…。

イメージ 3


 この韓国ノリを、た~くさん、いただきました。箱いっぱい!
 みんなで山分けしました。ありがとうございます。

イメージ 6


 礼拝後の集会室の風景。

イメージ 4



 京北教会では、誕生日のお祝いや、初めて教会に来た方への歓迎、
 またお見舞いなどに、毎週、教会の手作りカードを用意して、
 皆様にサインをしていただき、発送している。
 
 いま使っているカードは、教会庭のむくげの花の写真。

イメージ 10

 
 その次のカードには、教会庭の酔芙蓉の花の写真。

イメージ 11



 担当の方、カードの印刷をいつもありがとうございます。

 そして、サインくださる全ての皆様に感謝。



イメージ 5

 集会室の後ろの机には、それらの、
 教会から発送するカードや、
 教会あてにいただいた暑中見舞い等のカード、
 他教会のコンサート等のチラシを置いている。

 そして、この京北教会ブログを、
 毎週プリントしていただいた束も置いている。

 パソコンを使っておられない方にも、
 この「京北教会ブログ」を見ていただきたいと思って、
 教会員に毎週印刷していただいたものを、
 ここに置いて、どなたも見られるようにしている。

 実際、教会からの帰り際などに、
 いろんな方に見ていただいている。
 また、プリントしたブログを、
 ご自宅へ届けてほしいと願われる方もおられる。
 
 そのようにして、様々な方に、
 見て喜んでいただいていることに、感謝。
 
 …と、ここまで書いたところで、
 今回のブログは、記念すべき(?)、
 100回目の作成であることに気づく。


 2010年8月9日(月)に開設して、2年が過ぎた。
 見てくださる方がおられるから続けることができた。
 アクセス数からいうと、他の様々な種類のブログとは、
 比べものにならない少なさだが…、

 教会のブログにとって、大切なことは、
 「教会に行ってみようかな」と思った方がご覧になって、
 「ここなら良さそう」と安心していただくこと。

 そして、遠方や療養中などの教会関係者に見ていただき、
 教会の交わりと祈りをつなぐ橋渡しになること。

 それらのためになれば、と思って毎週コツコツと作成。
 そうして、100回目…。

 見ていてくださる方々がおられるから、できたこと。
 ありがとうございます。





 9月2日(日)週報掲載 <宣教のことば>
 
 「むしろ、あなたがたの名が天に書き記されていることを、
 喜びなさい。」
           (ルカによる福音書10章20節)
 
 イエスによって町や村へと、遣わされた弟子たちが、
 人々に罪のゆるしを宣教し、病をいやし、
 人々の中から悪しき力を追い出すことができて、
 喜びにあふれて帰ってきたときに、
 それを迎えたイエスの、弟子たちに対する言葉です。

 使命に基づいて働いた自分たちが、
 どんな素晴らしいことができたか、と喜ぶのではなくて、
 神様があなたがたの働きをそっとご覧になられて、
 御心の中に憶えてくださっている、
 そのことをこそ、喜びなさいと言われたのです。
  
 遣わされた彼らが、町や村で宣教していたときのこととして、
 イエスは、「私は、サタンが稲妻のように、
 天から落ちるのを見ていた。」と語りました。

 地上で彼らが宣教していたとき、
 天から人を支配していた悪しき力が、
 稲妻が落ちるように、転げ落ちていったのを見た、と…。
 
 これは超自然的な表現ですが、力強い言葉です。
 教会の宣教は、天の神様の御心に呼応する力なのです。

 悪に打ち勝つのは神。
 人は、その御心にそって、
 与えられた小さな働きにいそしむのです。

 それで、もう、充分です。

 人の勝利の影には、様々な欲望や優越感があります。
 ときには「悪に勝ったぞ」と思って、おごり高ぶるのです。
 それよりも大切なことに気づくようにと、
 イエスは私たちに願っておられます。




イメージ 9

 教会庭に、名を知らぬ花が、いつのまにか咲いていた。


イメージ 7

 教会庭の草木の葉が、枝の先端付近から、
 紅葉してきていることに気がついた。

 暑い夏の気候はまだ続くのだろうが、
 暦は秋に入り、草木も秋へと向かいだした。


イメージ 8

 伸びていこうとする枝。
 その先端に“秋”が、ほのかに現れ出ている。

 もう、そんな時期なのか。