京北(きょうほく)教会ブログ──(2010年〜)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

桜咲く頃に考えていたこと

 以下、この1年間していなかった、当ブログの更新です。
 1年分を一気に作っているので、各ブログ記事は時系列の順ではありません。
                                        

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710153758j:plain   
       京北教会の前の公園の桜
         
 2020年 3〜4月    
 
    京北教会のすぐ前に、萩(はぎ)児童公園が位置しています。
 何本もの桜が花を咲かせると、春爛漫となります。
    教会の イースター(復活日)礼拝が、3月末〜4月中旬なので、そのころ、
 桜を見ながら、新しい年度を思って、いろんなことを考えます。

 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200713230256j:plain                           

 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710153647j:plain

 最初の花が開き始めました。(3月24日)

 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710154701j:plain

 早く開花が進む木もあります。(3月29日)

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710155533j:plain
 同じ公園内でも、木によって開花時期が違います。
 (3月29日)

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710155735j:plain

 時間帯や気候でも桜の見え方はずいぶん変わります。
 (4月2日)

 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710155905j:plain

 写し方や画質の調整によっても、
  ずいぶん写真の印象が変わります。(4月2日)

 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710161355j:plain

 満開となりました。(4月4日)

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710161022j:plain

 よく晴れた日、本当に綺麗でした。(4月4日)

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710161628j:plain

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710161128j:plain

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710161154j:plain

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710161852j:plain

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710161316j:plain

 こんなにも、桜が美しいときがあったなんて。

 

 

 

「コロナ問題」が連日、私たちの心を占めていたころ。
 桜のこと、ちゃんと見ていなかったかもしれません。

 

「三密」に気を付けるので、
  花見も自粛を促しあうことになりました。

 いよいよ、桜の花を、喜んで見ることが、
    できなくなった気がします。


f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200710162413j:plain

 そんなある日、通りがかりの道ばたで、
    タンポポの花の咲いたあとの白い綿毛を見ました。

 とても大きくて、丸くて、
 まだ飛んでいないので、ひとつも欠けがない、
 とても綺麗なタンポポでした。

   
    思わず、足を止めて、しゃがんで、見とれました。
  「きれいだなー」と心から思いました。

  

   今年は、桜の花見も自粛が必要なぐらい、だと思うと、
   桜の花と自分の間に、何かが入ってしまって、
   視線が自然と桜から離れていきました。

   でも、タンポポの花を見ることには、
   誰も自粛なんて言いませんから、
  タンポポの花と自分の間には、何も入りません。
  だから、タンポポの美しさがわかった、のかな?
  そんなことを思いました。

  聖書が伝える、イースター(復活日)の出来事。
  あれこれと論じていると、イエス様と自分との間に、
  何かが入ってしまい、大切なことが見えなくなります。

  何にも邪魔されずに、間に何も入らずに、
  主イエス・キリストのことを考えてみたい。

 

  そう思った、今年のイースターの時期でした。