京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2018年12月2日(日)待降節に入って

イメージ 4
(教会玄関)

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年12月2日(日)待降節に入って」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 2


(教会員の手作りのリース)

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 1

よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓














 2018年 12月2日(日) ブログ




イメージ 5
(教会庭)
2018年 12月2日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 ヨハネによる福音書  1章 1〜5節

  説 教 「初めに言葉があった、喜び」今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   231「ひさしく待ちにし」

          11「感謝にみちて」

        510「主よ、終わりまで」
         
 
  礼拝出席者数 30名

    仕事の都合で京都に来られた方が礼拝出席されました。
      ご出席ありがとうございます。どうぞ良きクリスマスを!

   
  礼拝後 ・軽食 ・12月定例役員会 


イメージ 6

本日のお昼は炊き込み御飯とおひたし。

柿は、奈良在住の、

隠退牧師(以前の京北教会牧師)ご夫妻から、

教会の皆様にといただきました。

みなさまのご奉仕、ご厚意に感謝です。

美味しくいただきました。 




イメージ 7
(教会庭)

 週報掲載 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


「初めに言があった。

 言は神と共にあった。

 言は神であった。

 この言は、初めに神と共にあった。

 万物は言によって成った。

 成ったもので、

 言によらずに成ったものは何一つなかった。

 言の内に命があった。

 命は人間を照らす光であった。

 光は暗闇の中で輝いている。

 暗闇は光を理解しなかった。」

           ヨハネによる福音書 1章 1〜5節




 この箇所の「言」(ことば)は原文のギリシャ語では、
 
 「ロゴス」であり、これは「言葉」「知恵」などと訳されます。


 神が発する言葉・知恵を、

 最初から神と共にある存在と理解しています。

 
 旧約聖書では「知恵」の存在を尊びます。

 それを受けて、主イエス・キリストの存在を、

 神の「言」が世に来て、人となられたと理解するのが、

 福音書、そして新約聖書です。


 その信仰を、愛を持って教会は今日も語り伝えます。


 もうすぐ、クリスマスがやってきますよ、と。



イメージ 8





 教会の暦が、本日から「待降節」(たいこうせつ)に入りました。

 クリスマス(12月25日)までの4週間です。

 この時期を「アドベント」とも言います。

 これは、ラテン語で「現れ出(いず)る」という意味です。

 待降節は、神の救いのみわざが、私たちが生きるこの世界に、

 現れ出るときなのです。

 クリスマスを待つ、ということにおいて。

 教会の1年間は待降節アドベントから始まります。

 それは、「待つ」ということが信仰の本質だからです。

 


 京北教会ではアドベントに入る前日の土曜日午後、

 役員と有志で教会のアドベント飾り付けをしました。



イメージ 9

 リースやクランツを造る準備。

 針葉樹の枝葉は庭のカイヅカイブキの木から。


イメージ 10

  この日、集まった方々は11人。それぞれに作業を始めます。

 上写真の松ぼっくりのリースは、ご近所の方が教会にと、

 自然のなかで拾い集めたもので作成してくださいました。感謝。


 
イメージ 11

教えたり、教えられたり、しながら少しずつ造ります。


イメージ 13

 クリスマスツリーの飾り付けを、小さな姉妹がしてくれました。


イメージ 12

 皆様それぞれに、どんどん進めていきます。


イメージ 14

 いい感じになってきましたよ!


イメージ 15

 外の掲示板にも、アドベントの飾り付け。

 この他に、屋外では、道路に面した木に、

 クリスマスツリーのライトを設置しました。


 もしよろしければ……夜、見にいらしてください。

 なかなか今年も、綺麗にできましたよ!




イメージ 16

 松ぼっくりのリースができました。

 
 リース造りに、松ぼっくりや針葉樹の葉、紅い花を使うのは、
 
 冬のなかでの生命力を感じるものだからです。(ヨーロッパの伝統)





 そうこうしながら、午後1時半から、2時間ほどで、

 例年通りのアドベント飾り付けを終えました。

 11名の皆様のご奉仕に感謝申し上げます。


 最後にみんなでお茶をして解散しました。









イメージ 17

 教会庭の夏ミカン。2本ある内、特に南側の木が大豊作です。

 昨年、とても実が少なかったことの反動でしょうか。


 1月27日(日)礼拝後にみんなで収穫するまで、

 木にならしたままにしておきます。

 マーマレードに適した実の質になるように、待つためです。




イメージ 18
(御母様方の了解を得て掲載)
   
 本日の礼拝後に、ツリーを囲んで撮影。

 それぞれ違う、「決めポーズ」がいいですね。











 この子たちが待っている未来を思って、

 待降節アドベントの時期、

 神様に祈りましょう。



 イエス様、ともにいてください。