京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2018年7月15日(日)のこと

イメージ 9
(教会の生け垣)

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年7月15日(日)のこと」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 2
(教会庭の夏みかん)

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 4

よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓














 2018年 7月15日(日) ブログ




イメージ 1

2018年 7月15日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 出エジプト記 20章 1〜7節

  説 教 「新しい信仰、十戒」今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   208「主なる神よ、夜は去りぬ」

        18「心を高くあげよ!」

        419「さあ共に生きよう」
           
 
  礼拝出席者数  34名  
   
  礼拝後 ・お茶のとき 

        西日本を中心とした広域の大雨被害につき、
 
         京都教区内の被災教会のことや、

         他教区の被災教会のことを、少しお話しました。


         主が共におられますように。
  
         わたしたちにも、みなさまにも。

         



イメージ 6

差し入れは、ロスアンジェルス土産のチョコレート菓子。
ご用意をありがとうございました!
美味しくいただきました。


イメージ 5

教会員が家で育てられたオンシジュームの花(ランの一種)。

礼拝のために持参してくださいました。

ありがとうございます。






イメージ 8

   週報掲載 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


  「あなたには、わたしをおいて神があってはならない。」 
 
            出エジプト記 20章3節




 これは、旧約聖書に記された「十戒」(じっかい)の、

 第1の戒めです。


 この言葉の前に、

 エジプトで奴隷とされた民の苦境を救われた、

 神様ご自身が「わたしは主」と言われました。


 それは、あなたを、王の圧政から解放してくださった神様が、

 これからも、あなたにとっての本当の神であり続ける、

 という宣言です。


 この戒めは「あなたには」という言い方の戒めです。

 つまり、誰でもそうだ、ということではありません。


 「あなたには」という言い方で、

 神様が、新しい関係を結んでくださった相手である、

 その「あなた」への言葉です。


 十戒とは、そのことを記念し、

 その記憶を民の中でこれからも、

 語り継いでいくための戒めです。


 十戒で神様からの一番のプレゼントは、

 神様が自らを「あなたにとっての神様」と、

 してくださったことです。


 このことが後に、

 主イエス・キリストの「神の国」の宣教へと続きます。





 


イメージ 7


暑いです。









いろいろ考えながら、

自分の事をして過ごしましょう。


自然と、心は様々な方向に向かいます。




その先に、主の導きがありますように。