京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2018年7月8日(日)のこと

イメージ 8
(教会の生け垣)

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年7月8日(日)のこと」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 1
(教会玄関)

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 3


よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓














 2018年 7月8日(日) ブログ




イメージ 4

2018年 7月8日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 ローマの信徒への手紙 9章 6〜18節

  説 教 「人の行いにはよらず」今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   425「こすずめも、くじらも」

        361「この世はみな」

        493「いつくしみ深い」
           
 
  礼拝出席者数  20名  
   
  礼拝後 ・お茶と祈りのとき 19名

        西日本を中心とした広域の大雨被害のこと、

         一人ひとりの家族や健康や自分の思いのこと、

         などを事前にお願いした三人の方に、

         それぞれの言葉でお祈りしていただきました。

         ありがとうございます。


         みんなで、誰かの祈りの言葉に、

         そっと自分の気持ちを合わせ、

         言葉にならないものを心から紡ぎ出すとき、

         そこに「教会」があるのだと思えます。


         今日の日曜日、教会があってよかった。

         仕事や健康や事情で礼拝に来られない方々も、

         目に見えない教会にみんなでつながって、

         今日から始まる新しい1週間、

         新たな思いで歩みましょう。

         
         そして神様、御心によって人間をお救いください。



イメージ 7

差し入れは、ロスアンジェルス土産のチョコレート焼き菓子。
そして手作りのカップケーキ。

どちらも、ご用意をありがとうございました!
美味しくいただきました。





イメージ 5


   週報掲載 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


「このように、神は御自分が憐れみたいと思う者を憐れみ、

 かたくなにしたいと思う者をかたくなにされるのです。」
 
 
            ローマの信徒への手紙 9章 18節




 今日の聖書箇所においては、

 旧約聖書のあちこちから引用しながら、

 使徒パウロが神様のなさることの意味を説明しています。


 9章6〜13節では、

 旧約聖書の創世記でのイサクの家族をめぐる話が引用されます。

 神様は、その社会における家族観や血統などに左右されず、

 一人ひとりの人間を、自由な御心で判断されることを言います。


 その後の14〜17節では、

 出エジプト記でのモーセをめぐる話が引用されます。

 奴隷とされた民衆が脱出するとき、王は強大な力で妨げます。

 そのことは神様が、あえて王をかたくなな者にし、

 王の権力からの脱出を通じて、神が人を救われることを言います。


 「神の選び」とは、それらのようにして、

 神様が、自由な御心によって人間を見つめ、

 自由な御心によって私たちに救いをくださる、

 その大きな恵みです。


 それは不思議に見え、人間にはすべてを理解できず、

 それゆえ絶望をも生じさせる「現実」の、

 背後にある恵みです。


 神様、自由な御心によって、人間を絶望からお救いください。





イメージ 6
(礼拝後、礼拝堂の花を分けて希望者に差し上げました)









大雨。

避難警報が各地で出されました。


いま何をしたらいいか、

その時々で、不安ばかりが大きくなり、

どうしたらいいかわからない気もします。



その気持ちのまま、

だんだんと冷静になれるようにと願います。


それぞれの置かれた場に応じて、

可能な限り