京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2017年9月10日(日)のこと

イメージ 10
(教会庭の酔芙蓉)
<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2017年9月10日(日)のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 2
(教会庭の酔芙蓉)

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 4


よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!


教会ホームページのアドレス

 








本日のブログは、ここから下です。













 2017年 9月10日(日) ブログ


イメージ 6
(礼拝堂にて)

  2017年 9月10日(日)  京北教会 聖日礼拝


  聖 書 ルカによる福音書 10章 10〜17節

  説 教 「パンの意味に恵み

  讃美歌21 412「ガリラヤの風」

        483「わが主イェス」

        280「まぶねのなかに」 
 

  出席者数  24名   
     

           
  礼拝後 ・お茶と祈りのとき


        茶菓をいただいたあと、個人消息や教会行事、

        その他の話を、祈りの課題として話したのち、

        事前にお願いした3人の有志の方々に、

        お祈りしていただきました。

        出席された皆様に感謝です。

      
        入院中の方、静養中の方を覚えて祈りました。

        
        遠方在住のお母様が逝去なされた教会員と、

        そのご家族のことを覚えて皆で祈りました。

        ご遺族に主の深き慰めを祈ります。


        また、葬儀を司式された徳島の教会の牧師と、

        教会の皆様に感謝し、恵みを祈ります。


イメージ 5

今日の受付と、礼拝堂の活け花は、

教会員の自宅庭の、カクトラノオ

暑いなか、毎週のお花をありがとうございます。


イメージ 7

  今日のお菓子は、3人の教会員の手作りマドレーヌと、
 熊本土産のゴーヤのかりんとう
 コーヒーと共に美味しくいただきました。感謝。

 

イメージ 1 
           週報掲載 <宣教のことば>

          ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


  「群衆を解散させてください。

  そうすれば、まわりの村や里へ行って宿をとり、

  食べ物を見つけるでしょう。

  わたしたちはこんな人里離れた所にいるのです。」

  
  しかし、イエスは言われた。

  「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。」


  彼らは言った。

  「わたしたちにはパン五つと魚二匹しかありません。

   このすべての人々のために、

   わたしたちが食べ物を買いにいかないかぎり。」


  というのは、男が五千人ほどいたからである。

 
          ルカによる福音書 9章 10〜17節




           
 イエスのもとに集まっていた群衆を、

 弟子たちは夕方に解散させようと考えました。

 誰でも腹が減るからです。

 
 しかし、このとき、

 イエスは空腹な者への福音(良き知らせ)を、

 五つのパンと二匹の魚によって現されました。


 それは弟子たちへの、

 「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい。」(13節)

 という言葉が、弟子たちから拒否されたあとの、

 イエスの行動です。


 わたしたちの拒否を超えて、

 主イエスは人々にパンを与え、

 群衆と共におられます。


 この物語に、わたしたちは、

 これから、どんな意味を
見出すのでしょう。


 群衆と共に、イエスが分けられたパンにあずかりつつ、

 考えてみたいものです。






 


イメージ 8

 秋となり、庭に様々な花が咲き始めました。

 小さな野の花が、あちこちに。


イメージ 9


まだ暑い日々ですが、それでも、

本当に秋が来ました。




ちゃんと季節が移って、

秋が来ました。




神様からいただいた秋を、

どなたもお互いに、大事にいたしましょう。