京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2017年9月17日(日)のこと

イメージ 7
(礼拝堂のカクトラノオ)
<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2017年9月17日(日)のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 1
(教会庭の酔芙蓉)

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 3

よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!


教会ホームページのアドレス

 








本日のブログは、ここから下です。













 2017年 9月17日(日) ブログ


イメージ 4
(礼拝堂にて)

  2017年 9月17日(日)  京北教会 聖日礼拝


  聖 書 ルカによる福音書 11章 1〜13節

  説 教 「我らに祈りを教えたまえ

  讃美歌21 206「七日の旅路」

        461「みめぐみゆたけき」

        430「扉の外に」 
 

  出席者数  26名 

        台風のおかげで遠方から、教会員のご家族が、

        来京され初めて礼拝出席されました。歓迎です。

        よく来てくださいました。うれしかったです。

        またいらしてください。そして地元の教会の、

        礼拝にも出席していただけたら、と願います。

        ありがとうございました。
     

           
  礼拝後 ・この日は予定では「敬老と助け合いの日」礼拝と、
    
       昼食会を行うはずでした。しかし、大型台風が、

       直撃するとのニュースにより、役員会の判断で、

       その予定を次週に移して、この日は通常の礼拝に、

       切り替えました。(説教なども次週と交換しました)

       通常の「お茶のとき」ももたず、この日はお開き。

      
       台風はこの日の夕方から到来したので、

       礼拝のときには比較的平静な気候でした。

       みなさま、台風の被害はありませんでしたか?

       夕方からはとても強い雨風となりましたが、

       教会の建物は大丈夫でした。





  
 

イメージ 5

 
           週報掲載 <宣教のことば>

          ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


  「そこで、わたしは言っておく

  求めなさい。そうすれば、与えられる。

  探しなさい。そうすれば、見つかる。

  門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。

  だれでも、求める者は受け、

  探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。

  ……あなたがたは悪い者でありながらも、

  自分の子どもには良い物を与えることを知っている。

  まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださる。」

 
          ルカによる福音書 11章 9〜13節



  お祈りをすることは、どういうことなのでしょう。


  この聖書箇所を読むと、お祈りとは、

  神様に「求める」こと、かもしれないと思います。


  もちろん、いつも何かを求めてばかりだと、

  よくないとは思いますが、とはいえ、

  何も神様に求めるものがないなら、

  逆にそれは神様に何も期待していない信仰、

  つまり、心が冷たい信仰なのかもしれません。


   ここで「天の父」と呼ばれる神様は、

  求める者に、聖霊を与えてくださいます。

  主イエス様が約束してくださった、

  天からの贈り物としての、

  目には見えない、神様の聖いお働きの姿──聖霊


  それは心が冷たい、わたしたちの信仰を打ち破る力です。


  聖霊は、風、音、炎などの働きに、

  たとえて説明されることがあります。

  その神様の力が、人間の冷たい心を、

  打ち破って下さいますように。
           
 
  
イメージ 6




 




とりあえず、教会では、台風一過……。

建物などの被害はありませんでした。

でも、昨夜はすごい風の音に驚きました。

バシッ、バシッと、風が建物をたたく音がしました。








イメージ 8


そんな台風の、ものすごい風の音を聞きながら、

ふと、その台風のもとで、草むらのコオロギが、

いつもと変わることなく、

虫の音色を鳴らしていることに気づきました。



コオロギは地面にいて、草の中にいて、

台風の嵐のなかでも、鳴いていました。

大変なときにも、普通の音色をいつものように……。



そのことが、心を落ち着かせてくれました。