京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2017年6月11日(日)のこと

イメージ 7

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2017年6月11日(日)のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 1

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分




 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。


イメージ 3


よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!


教会ホームページのアドレス

 








本日のブログは、ここから下です。













 2017年 6月13日(日) ブログ


イメージ 5

  2017年 6月11日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 使徒言行録 2章 37〜47節

  説 教 「この約束、聖書ならでは

  讃美歌21 211「朝風静かに吹きて」

        351「聖なる、聖なる」

        471「勝利を望み」  

  出席者数  30名  

           
  礼拝後 ・お茶のとき ・6月定例役員会



イメージ 6

 手作りマドレーヌと差し入れのヌガーのお菓子。
 コーヒーと美味しくいただきました。ご用意に感謝いたします。





イメージ 8


            週報掲載 <宣教のことば>

          ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


  「この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、
 
  遠くにいるすべての人にも、つまり、

  わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、

  与えられているものなのです。」

   ペトロは、このほかにもいろいろな話をして、
 
   力強く証しをし、

  「邪悪なこの時代から救われなさい」と勧めていた。


               使徒言行録 2章 39〜40節



 主イエス・キリストの名によって洗礼を受け、

 罪をゆるしていただいた者は、賜物として聖霊を受けます。

 これが使徒ペトロが人々に語った約束です。

 
 この約束は、人間が決心や能力によって実行する約束ではなく、

 神様が主イエスの生涯を通して示された約束です。


 約束とは、裏切らないこと。


 主イエスは、十字架の死、そして復活において、

 神の救いは人間を裏切らないことを、

 確かに示されました。


 そして、神の聖霊が与えられた、

 ペンテコステ(聖霊降臨日)から、

 弟子たちは伝道を始めます。


 それは、決して裏切らない神様の約束に基づく、

 新しい伝道です。


 わたしたちの伝道も、そうでありたい。


イメージ 4




  梅雨時に入りました。

  暑い日やら寒い日やら。

  しまいかけた上着ももう一度出したりして。

  

  バタバタと過ぎていくような毎日。

  あせらず、たゆまず、祈ることができますように。


  
  繰り返し、聖書の言葉に聴いて、

  信頼して日々を歩みましょう。



  


  「あなたがたが召されたときのことを思い起こしてみなさい。」

    コリントの信徒への手紙1 1章26節(今年度主題聖句)



  
  「神に呼ばれていることに気づこう」(今年度教会標語)