京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2016年7月24日(日)のこと

イメージ 1


 <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2016.7.24

 「7月24日(日)のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。



イメージ 2

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分
 
 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。
 
よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!
 
 
教会ホームページのアドレス
 



イメージ 4

   礼拝堂から集会室へ移したオニユリ

 
  2016年 7月24日(日) 京北教会  聖日礼拝       


  聖書 ヨハネによる福音書 19章 28〜42節

  説教 「イエスさまの十字架」

  讃美歌21 425「こすずめもくじらも」
 
          313「愛するイェス」

        280「まぶねのなかに」  
 
  
  出席者数  26名

        4月に1度礼拝に来られた母子が、
       
        また来てくださいました。またどうぞ!

       
  礼拝後 ・お茶のとき

        お病気の方の消息などをお話しました。

        皆様のご健康をお祈りします。


 本日も、茶菓の用意をありがとうございました。



イメージ 5



       週報掲載 「宣教のことば」


 この後、イエスは、すべてのことが

 今や成し遂げられたのを知り、

 「渇く」と言われた。

 こうして、聖書の言葉が実現した。
 

   
           ヨハネによる福音書 19章 28節



 イエスはとらえられ、

 偽りの裁判の結果として、

 十字架にはりつけにされ、

 救われることなく、

 命の終わりを迎えました。


 福音書は、このときの、

 イエスの「渇く」という言葉を、

 聖書の言葉の実現としています。

 (詩編22編16節の言葉の実現として)


 この詩編22編は、全体が、

 イエスの十字架の受難を、

 示しているとも言えますが、

 逆にこの22編の言葉によって、

 イエスの十字架の意味を受けとめて書かれたのが、

 福音書であると理解することが、妥当と思われます。


 十字架のイエスの死という、

 どうしても受けとめることのできない、

 その悲惨な現実のなかで、

 残された人たちは聖書を開いて、

 そこにある御言葉に頼ることによって、

 神から答えが与えられました。


 そしてその先にある、

 主イエスの復活もまた、

 十字架のイエスの死の意味を問う者たちへの、

 神からの答えです。


イメージ 6




 先週、三重県にお住まいの教会員のお見舞いに行きました。 

 
イメージ 7
 

 現地の教会の礼拝に、客員として出席されています。

 足を骨折され、リハビリなども含めて半年入院され、

 やっと退院されたとのこと。

 お会いすると、お元気そうにしておられ、ほっとしました。


イメージ 10


 高木美代子さん。

 かつて京北教会で38年間牧師をされた、

 故高木彰牧師のパートナーです。

 ご本人の了解を得て写真掲載します。

 100歳が近づいておられます。



 今もお元気で、おしゃべりが大好きな方です。

 毎日リハビリしながら、入居施設で生活されています。

 ご自宅から近い施設で、良かったです。


イメージ 8

 お嬢さんとともに迎えてくださり、

 楽しい時間を過ごしました。

 お元気な様子に安心しました。

 これからも、ご無理のない生活を願っています。


イメージ 9


 帰途につくときに、空にひこうき雲を見ました。

 よく晴れた空に、どこまでも飛んでいきます。


 人間は小さくても、あんな高くまで飛んで、

 前へ前へと進んでいきます。


 人間は歳月を重ねても、あんなに元気におしゃべりして、

 前へ前へと進んでいきます。




 暑い暑いとばかり言っていないで、

 日々を充実させて、前へ前へと、

 ゆっくりでいいから、

 人と比較しなくていいから、

 神様が備えてくださっている明日へ、

 また一歩を踏み出してみましょう。