京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

3月27日(日)イースター・創立107周年礼拝

イメージ 13

 <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2016.3.27

 「3月27日(日)イースター・創立107周年記念礼拝

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。



イメージ 9

イメージ 12
(上は改修工事前の教会の写真)



日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7
 
 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。
 
よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!
 
 
教会ホームページのアドレス
 

イメージ 1

 

 


 
 
 
 
本日のブログ内容はここからです。
 
「3月27日(日)イースター・創立107周年記念礼拝」










イメージ 2


 2016年 3月27日(日) 京北教会 

       イースター(復活日)・創立107周年記念礼拝


  聖書 ヨハネによる福音書 11章 1〜16節

  説教 「起きよ、神に見出されて」

  讃美歌21 325「キリスト・イエスは」
 
          57「ガリラヤの風かおる丘で」

        326「地よ声高く告げ知らせよ」

        81「主の食卓を囲み」(聖餐式)

  
  出席者数 32名

         
       
  礼拝後 ・イースター・創立107周年記念 昼食会

      ・発題「改修献金の終了と今後に向けて」今井牧師

          
イメージ 8

   改修工事のための献金について、

 この日で「終了宣言」を出しました。

 皆様のお祈りとご協力に感謝申し上げます。

 創立記念日礼拝に合わせて、宣言が出来て幸いです。

 5年計画を1年半で終了することができたのは、

 神様のお導きと、心から感謝いたします。


   発題を受けて、教会の今後に向けて話し合い、

 「様々な人に、教会を知ってもらうために、

 ミニコンサートとか、何かをしてはどうか。」

 「心温まる教会に通えて良かったと思っている。」
 
 「新しく来られた方に、教会案内やカードなどを、

  差し上げられたらいいなと思う。」

 「以前より、来られる方が増えてうれしい。」

 「大きすぎず小さすぎず、今ぐらいがちょうどいいのでは。」
 
 「地域との関係でどういう集まりがいいか考えたい。」

 ……などなど、各人からお話をいただき、

 ありがたく聞かせていただきました。


 創立107周年記念礼拝の日に、

 そしてイースターの日に、

 ふさわしく時間を過ごせた気がします。


 みなさま、これからも落ち着いたペースで歩みましょう。

 「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛しなさい」、
 
 と言われた、イエスのことを思いながら。



 





イメージ 10

この日のお昼のために、朝からご奉仕いただきました。

男女問わず、来てくださり、ありがとうございました。

イメージ 3

おいしくいただきました。感謝。


イメージ 7

そして、イースターと言えば、聖餐式(せいさんしき)。

礼拝のなかで、聖餐にあずかります。

上の写真は、用意しているとき。


聖餐式では、

エス・キリストを象徴する、

パンとワインを、少しずつ分けて、いただきます。

(京北教会ではぶどう果汁を用いています)

神様による救いの、目に見える恵みのわかちあい、

そう思っていだたいて結構です。



聖餐式のあるとき、週報にいつも、

下記の内容の文章を掲載します。

京北教会ホームページの、

「礼拝のしおり」のページにも少し詳しく記しています。



聖餐式について」


本日は、礼拝中に短く聖餐式を行います。

これは、主イエス・キリストが、

「パンとぶどう酒」で自らを表し、

それを食する者が、

主イエスと共にあることを表す式です。


その意味を、聖書から知ってから、

あずかっていただくために、

すでに洗礼を受けた方にのみ、

パンとぶどう果汁を配餐します。


未受洗の方には、

この聖餐式の場を、

万人を招く神様の御心のなかにあって、

洗礼を受けるまで、あえて待つ機会として、

この場に共にいてくださるよう願います。


神様を信じる道である洗礼は、

誰もが自らの重荷を降ろしていく道です。

いつでもご遠慮なく牧師に受洗を相談なさってください。

主イエスと共に、教会と共に、

前に広がる道を歩みましょう。



イメージ 6



そして、イースターと言えば、卵。

この日、ゆで卵を配る習慣はヨーロッパの伝統。

土曜日にご準備いただきました。感謝。

イメージ 4


  そして、福岡の教会での聖書カードとクッキーを、
 
  思いがけなくいただきました。感謝です。


イメージ 11



京北教会は、この日、創立107周年を迎えました。

明日から108年目の歩みとなります。

 

イメージ 5

 改修工事が終わったのが昨年5月。

 それから1年たたずに会計が満たされて感謝です。良かった〜。

 雨もりが連続したことをきっかけに改修計画に取り組み、

 その実りが、たくさん与えられたと実感しています。


イメージ 14

 

 ここに咲く花、ここにある教会。

 108年目も、1年目も、同じく、

 イエス様がわたしたちと共におられることに、

 心を向けていきたい。

 教会の歴史における、先人の皆様方に心から感謝しつつ。