京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2015年9月27日(日)のこと

イメージ 7


             <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2015.9.27

 「9月27()のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。
 
 

イメージ 1

イメージ 9


イメージ 2


日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7
 
 
京北教会のホームページを、
 
ブログとは別に作っていますので、
 
よろしければ、どうぞご覧下さい!
 
 
ホームページのアドレス
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 
本日のブログ内容はここからです。
 
「9月27日()のこと










イメージ 5


この日、午後から、

どんどん陽が射して暑くなっていきました。

午前中はやや肌寒かったのに……。



最近、涼しい日が多く、ときには寒い夜もあり、

今日は、風邪をひかれて礼拝欠席との連絡が、

3人の方からありました。


季節の移り変わりの時期、

どなたも、お大事に、お気を付けて。

そして、また礼拝にいらしてください。






イメージ 8


  2015年 9月27日(日) 京北教会 聖日礼拝


 聖書 コリントの信徒への手紙1 14章 1〜19節

 
 説教 「見えざる絆の贈り物」


 讃美歌21     208「主なる神よ、夜は去りて

         201「天使の言葉も」

           451「くすしきみめぐみ」


 礼拝出席者数 25名


 礼拝後 ・お茶のとき

     
     ・事務作業会 

       役員による教会住所録の製本作業や、
  
       バザーの担当者による食券作成をしました。


イメージ 4

  今日のお菓子は、手作りの「水ようかん」。

 とても丁寧に作られた味がしました。ありがとうございます。

 いまの季節によくあっていて、とても美味しかったです。

 ミニドーナツもつけていただいて、感謝。




イメージ 3

 週報掲載 <宣教のことば>




「では、どうしたらいいのでしょうか

霊で祈り、理性でも祈ることにしましょう。

霊で賛美し、理性でも賛美することにしましょう。」


コリントの信徒への手紙1 14章 1〜19節

       



 ここで使徒パウロが述べていることは、

 教会での祈りや讃美歌には、

 霊的な面と、理性的な面があるということです。


 霊とは、「言葉にできない」内面のことで、

 理性とは、「言葉にできる」内面のこと……

 そんなふうに理解してもいいでしょうか。

 
 霊という言葉は、

 私たちの普段の生活のなかでは、

 なじみに乏しいものですが、

 たとえば、精神、内面、魂といったこと……

 それらの奥深くにある根底的なもの……

 そこにある神秘性と理解することも可能かと思います。


 どう理解するにしても、信仰には、

 言葉にできない力と、

 言葉にできる力の両面が表れるものであり、

 使徒パウロは、ここで、

 その両面を大切にしています。


 しかし、個人ではなく教会にとっては、

 理性の言葉のほうが、より大切だと、

 ここでパウロは述べています。


 それは、個人の内面に生じる神秘的な何か、よりも、

 みんなに理解してもらえる共同の言葉、

 理性の言葉こそ、

 教会がより良い「みんなの教会」になるために、

 必要とされている力だからです。





イメージ 6






今年の中秋の名月……

大きく見える「スーパームーン」とのこと。

京北教会と並んた月が撮れるかな? と挑戦。






イメージ 10

かろうじて、

なんとか、それらしく撮れたのが、この一枚。


夜景、しかも月の写真。

綺麗に撮るのは難しいですね……。


とはいえ、とても大きく見える月、

素晴らしかったです。