京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

8月2日(日)のこと

イメージ 7


           <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2015.8.2

 「8月2()のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。
 
 

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5





日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7
 
 
京北教会のホームページを、
 
ブログとは別に作っていますので、
 
よろしければ、どうぞご覧下さい!
 
 
ホームページのアドレス
 
 
 


 
 
 

 
 
 
 
本日のブログはここからです。
 
「8月2日()のこと
 








イメージ 1

暑い朝となりました。

それでも、ぼちぼちと、

今日もまた、礼拝に集う皆様が来られます。

一人また一人と……。


そして奏楽者が、礼拝前の練習をされます。



イメージ 2


  2015年 8月2日(日) 京北教会 聖日礼拝


 聖書 コリントの信徒への手紙1 10章 13節
 
 説教 「平和へと逃れたくて」

 讃美歌21 211「朝風静かに吹きて」

       442「はかりも知れない」

       567「平和を求めて」


 礼拝出席者数 31名

  先週の平日に教会を訪ねて来られた方が、

  本日の礼拝に出席してくださいました。

  暑いなか、来てくださって感謝。本当に良かったです。

  どうぞ、続けていらしてください!


  それから、もう1人、初めて出席された方が、

  遠方の教会の方ですが、夕方にお電話くださり、

  感謝をお伝えくださりました。ありがとうございます。

  
 
 礼拝後


 ・軽食 

 
 今日はハヤシライスでした。みんなでおかわりして、

 美味しくいただきました。

 前日からご用意いただき、ありがとうございました。



 ・第1回バザー準備を話し合う会 出席24名


 バザー準備会に、たくさんの皆様の、

 ご出席をありがとうございました!

 おかげで、いろいろな意見が出て、

 役割分担も時間をかけて行えて、良い準備ができました。

 みんなで、祈りつつ、励まし合って、良いバザーにしましょう。

 バザーは10月25日(日)正午〜2時です。





イメージ 9


 今日はお二人とも、よく泣いていたような? 気がします。

 元気一杯、声を上げてくれると、うれしいです。







イメージ 6
教会の庭の夏みかん



 週報掲載 <宣教のことば>




 「あなたがたを襲った試練で、

  人間として耐えられないようなものはなかったはずです。

   神は真実な方です。

  あなたがたを耐えられないような試練に、

  遭わせることはなさらず、

  試練と共に、それに耐えられるよう、

  逃れる道をも備えてくださいます。」


            コリントの信徒への手紙1 10章13節



 

 
 使徒パウロの、この言葉を読みながら、

 自分は今まで何をしてきたのだろうかと、

 思い返します。

 
 試練は過ぎ去ってしまえば、

 記憶は薄らぎますし、

 また様々なことが新しく起こるので、

 いつまでも過去のことにとらわれているわけにはいきません。

 そして、いやなことほど、

 早く忘れようとする力も働きます。


 けれども、

 あれこと思い返してみると、

 過去の試練を乗り切ることが、

 どうして自分にできたのかと、

 不思議に思うこともあります。


 人の助力があったり、

 思わぬ解決の道があったり、

 時の流れとともに解決することであったり、

 いろいろなことがありました。



 何を振り返ったとしても、

 「神は真実な方です。」とパウロのように思えるなら、

 幸いなことでしょう。








イメージ 8


本当に暑い一日でした。

みなさん、大丈夫でしたか?



一日の終わりに、

暑さの疲れが出てくるかもしれません。

どなたもお気を付けて。