京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

3月16日(日)/最近のことなど

            <きょうほく・きょうかい>
「虹の架かる教会」京北教会ブログ
2014.3.16
 「3月16日(日)/最近のことなど」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 
 ─以下は、過去(2010~)のブログを読むときに便利な方法─
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
桜の写真は昨年のもの。今年ももうすぐです。

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!

ホームページのアドレス







 
 本日のブログはここからです。

「3月16日(日)/最近のことなど





イメージ 4

シャコバサボテン。教会玄関にて。

イメージ 15


礼拝に向けて奏楽者のオルガン練習。
今日は二代目の、デルマルコ製オルガン。


イメージ 16


  2014年 3月16日(日) 京北教会 聖日礼拝

   聖書 ヨハネによる福音書 14章 1~14節
   説教「途方にくれても」
   讃美歌21   155「山辺に向かいて我」
         483「わが主イェスよ」
         280「まぶねのなかに」

  出席者数 35名

   この日、礼拝に来られる準備をされていた朝に、
  急に体調を崩して欠席された方の話をあとで聞きました。
  ご快復をお祈りいたします。
   礼拝に行きたい──その思いを神様が受けとめて、
  きっとまた、来られることができます。
  またお会いするときを楽しみにして、祈って、
  お待ちしています。




  礼拝後 ・お茶と祈りのとき

 この日、教会での奉仕について各人の希望を聞くための、
 アンケート配布を始めました。締切は3月30日(日)です。
 お茶、食事、掃除、受付、パソコン作業など、
 自由に希望を書いていただきます。

 心身の事情などで奉仕したくてもできない方は、
 その旨をお伝えいただければそれで充分ですし、
 また、アンケート回答を提出されなくても結構です。
 
 アンケートの話の他、個人の近況や、
 教会のスケジュール、課題などを伝え合った後、
 三人の有志で順番に短くお祈りをしました。


イメージ 5

 朝、礼拝前に、教会の厨房で、
 手作りケーキを切ってくださっていました。

 「牧師厨房に入るべからず」という言葉はないので、
 撮影させていただきました。
 並んだケーキに温かみを感じました。
 茶菓のご用意をいただいた皆様、感謝です。

イメージ 6

 手作りケーキと共に、いただきもののケーキに感謝です。

 大病のあとに退院されて長らく療養されている方が、
 ご家族と共に久しぶりに礼拝に出席されました。
 ケーキを差し入れてくださいました。
 お元気な様子に、一同ほっとして、喜びました。
 これからもリハビリが続くとのこと、ご快復をお祈りします。
 本当によかったです。

 教会からのお見舞いカード(寄せ書き)を、
 とても大切にしておられたとのこと……。
 祈りにおいてつながり、支え合う信仰の大切さを、
 ひしひしと感じました。



イメージ 7

 今年度の主題聖句と教会標語。
 
  「人の心に思い浮かびもしなかったことを、
  神は御自分を愛する人たちのために準備された。」
        (コリントの信徒への手紙1 2章9節)

  教会標語 “神様が準備なさることに応えて”

 神様が準備なさることに応えて、
 私たちも精一杯に日々を積み重ねていこう。




イメージ 8

 日常のなかに到来する、神の使信を信じて。


 

       週報掲載 <宣教のことば>
 
 「わたしは道であり、真理であり、命である。
  わたしを通らなければ、
  だれも父のもとに行くことができない。
  あなたがたがわたしを知っているなら、
  わたしの父をも知ることになる。
  今から、あなたがたは父を知る。
  いや、既に父を見ている。」

            ヨハネによる福音書 14章 6~7節


 ここでいう父とは、天の神様であり、
 わたしたち一人ひとりにとっての神様のことです。

 わたしたちが神に出会うのに、
 イエス・キリストを通してしか、
 できないとは、どういうことでしょうか。

 イエスを通してしか神に出会えないとは、
 傲慢ではないですか?
 しかし、ここでイエスは御自身を、
 「道であり、真理であり、命である」─
 そう言っておられます。

 神に出会う道、真理、命を、
 あなたたちはどこかに探しているが、
 実はあなたたちの目の前にあるということです。
 (このとき、イエスは弟子たちの前にいます)

 イエスを知らない人に対して、
 イエスを通してでなければ神に出会えない、
 そのように言うのは傲慢です。

 でもイエスを知っている人は、
 自分の前に立ってくださるイエスと対話して、
 己の信仰のありかを決めることができるのです。

 聖書を読むことは、そこに記されたイエスが、
 私たちの前に立ってくださることです。

 そこで、わざわざ他の人を探さなくてもいいでしょう。




イメージ 9
               Oさん宅にて

──最近のことなど──

 3月6日(木)11:00~11:40 O兄の記念会
              (逝去1周年を記念して)

 ご遺族自宅で、家族など限られた方での小人数の記念会。
 生前に描いておられた花束の大きな絵の前で、
 故人を記念して短い礼拝をしました。

イメージ 17

 かつてご訪問したときに、にこやかにお話されていた姿、
 絵のことを語っておられた姿など、
 そこにおられたありし日の姿を思い浮かべながら、
 短く式辞を述べさせていただきました。
 終了後、しばしお茶をいただいて思い出を語り合いました。

 庭の花を大切に育てておられました。
 綺麗に咲いたら撮影しにきてくださいと、
 願っておられたことを思いおこし、
 今年も撮らせていただきました。

イメージ 10

 家族への大切な思いを伝える働きを、
 こんな小さな花の命が担っています。
 月日を越えて。




 3月20日(木) 10:30~11:10 聖書に親しむ会
          ヨハネによる福音書 13章 1~20節

         11:10~正午  女性会 総会

                  ともに出席者14名

 毎月一回、続けて持っていた、
 二つの会の持ち方について、次年度に向けて、
 新しい形を考えたいとの提案を受けて、
 各人から意見を出していただいて、有益なときとなりました。
 皆様のご協力に感謝いたします。
 一人ひとりの声が教会を、さらに教会らしくしていきます。
 神様の聖霊が働く教会にふさわしい形を、
 これからみんなで考えていきます。


イメージ 11

 教会の夕景。

イメージ 12

 樹の影を映して。


イメージ 13

 木もれ陽が教会玄関に。


イメージ 14

 私たちが、出で立ち、そして帰ってくる教会。




 「主がすべての災いを遠ざけて
  あなたを見守り
  あなたの魂を見守ってくださるように。
  あなたの出で立つのも帰るのも
  主が見守ってくださるように。
  今も、そしてとこしえに。」

                          詩編 121編 7~8節