京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2018年12月23日(日)クリスマス聖日、24日(月)イヴ礼拝

イメージ 4

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年12月23日(日)クリスマス聖日、24日(月)イヴ礼拝」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 1

(教会員の手作りのリース)

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 3

よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓














 2018年 12月23日(日) ブログ




イメージ 5

2018年 12月23日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 ルカによる福音書  2章 1〜14節

  説 教 「光ある夜空を見よう」今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   263「荒野のはてに」

        271「喜びは胸に」

        259「急ぎ来たれ主にある民」

        260「いざ歌え、いざ祝え」(聖餐式)

        261「もろびとこぞりて
         
 
  礼拝出席者数 42名
   
  礼拝後 ・クリスマス祝会(昼食会)
        
       
たくさんの方々が参加されました。

        奏楽者など年間の奉仕者への感謝のとき、

        美味しい昼食のとき、

        転入会されたご夫妻の歓迎のとき、       

        最後に、三組の方々の演奏・歌のときを持ちました。

        ご奉仕・ご用意された皆様に感謝いたします。

        ありがとうございました。

        そして転入会されたKさん・Hさん、

        おめでとうございます。今後ともよろしく!
 
 

イメージ 6






──12月23日(日)礼拝後 クリスマス祝会──



イメージ 7

祝会の前のセッティング。

皆様が分担して作ってこられた、美味しいご馳走が並びます。


イメージ 8

上写真の料理が、テーブル二つ分並びました。

これらに加えて、

男性陣が作ったクリームシチューがメインに入ります。

みなさまのご奉仕に感謝申し上げます。

みんなでたくさんいただきました!

どれもこれも美味しかったです。





ひと段落したあと、

今年の4月イースターに京北教会に転入会された、

ご夫妻の歓迎のときを持ちました。


司会の方から歓迎の言葉があり、

そのあと、ご夫妻それぞれからご挨拶をいただきました。


そして教会からのプレゼントをそれぞれに贈呈。

歓迎の拍手をいたしました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

本当に良かった!



イメージ 16

祝会の後半は、3組の方々の演奏と歌。

まずは二家族で結成したバンド。

お子様方もそれぞれ楽器にチャレンジ、会場が沸きました。



イメージ 17

次に、ヴァイオリン独奏による讃美歌、クラシック曲、

そしてヴァイオリン伴奏でのみんなの合唱。

合唱は「旅愁」。

曲調がヴァイオリンの音色に合って、とても良かったです!



イメージ 18

トリをつとめるのは、長いキャリアを持つブルーグラスバンド、

“Tender Foot”。(「新米」という意味)

このために本日来られた2名のメンバーに感謝です。

熟練のカントリーミュージックを、ありがとうございました!

ゆっくりと、心地よく、様々な曲を楽しませていただきました。

最後に、讃美歌「丘の上の主の十字架」。良かったです。



出演いただいた皆様、ありがとうございました!



イメージ 9
(教会庭)
最後に閉会祈祷をいただいて、

2018年のクリスマス祝会を終了いたしました。

司会、料理、会場、音楽など、

ご奉仕いただいた皆様に御礼申し上げます。


ゆったりした、そして心あたたまる、楽しいクリスマスの祝会を、

今年も持つ事ができました。


本日は気候がそう寒くなく、落ち着いた晴れやかな日となりました。


イメージ 10

「ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、

マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで、

飼い葉桶に寝かせた。

宿屋には、彼らの泊まるところがなかったからである。」




クリスマスの言葉です。

今年も、この言葉を、新しい気持ちで皆様と共に読みました。



生まれ出ずる命が、この世界を新しくします。

赤ちゃんのことだけでなく、

一人ひとり、どの人も、もういちど、

神様の前で、新しく生まれ、

新しく生きる、ということにおいて。


Merry Christmas!








イメージ 15

    京北教会 クリスマス・イヴ燭火讃美礼拝
     
      12月24日(月)19:30〜20:30  

              出席者数 20名 

   燭火(しょっか)礼拝とは、ローソクのともし火で礼拝することです。 

   聖書で「ともし火」「光」は「暗闇」に打ち勝つ力です。   
  

イメージ 11

全日の準備。

イヴの当日の燭火礼拝では、

各人がローソク台、またはペンライトを、

それぞれの御希望に応じて、手に持っていただきます。

(説教のときや、手がお疲れになられたら、
ローソク台をイスに置いていただいて結構です)


イメージ 12

年に1度、このときにのみ用いるローソク台。


イメージ 13

屋外の照明をつけて、来られる方々を待ちます。


今回、燭火礼拝中の写真はありませんので、

教会外観の写真のみ掲載します。


イメージ 14

今年は暖冬とはいえ、やはり寒さが深まる夜に、

   集まってみんなで礼拝できたことに感謝です。 










2018年の京北教会クリスマスが終わりました。

神様に守られた礼拝。

新しく礼拝に来られた方々、またいらしてください。



礼拝が久しぶりの方、ときどきの方、初めての方、

療養中で礼拝に来られない方、

いつも来て下さっている方々、

などなど、どの人も、その人の状況のなかで、

天の導きがありますように。



そして、クリスマスのような楽しいことに、

みなさまが、これからの日常の日々のなかで、

出会えますように!











「喜びはむねに 満ちあふれる、

あまりに大きい この恵みよ。

神のひとり子が この世に生まれて

わたしのきょうだいと なられたから。」

讃美歌21─271番