京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2018年12月30日(日)年末聖日

イメージ 12
(教会庭)
<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年12月30日(日)年末聖日 
 
イメージ 11
(鴨川の虹、鳥)
 
イメージ 2
 
日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分
 
 
 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 1
 
 
よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓

 
 2018年 12月30日(日) ブログ

 

 
イメージ 3
(礼拝堂)
2018年 12月30日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 詩編 8編

  説 教 「天のまなざしが人へ、祈りへ

                  今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   262「聞け、天使の歌」

        265「天なる神には」

        268「朝日は昇りて」
         
 
  礼拝出席者数 21名
   
  礼拝後  年末年始は茶菓の席の用意を休みます。
 
 
 


 
イメージ 13
(教会庭)

 週報掲載 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──
 

  あなたの天を、あなたの指のわざを

    わたしは仰ぎます。

 月も、星も、あなたが配置なさったもの。

 そのあなたが御心にとめてくださるとは

    人間は何者なのでしょう。

 人の子は何ものなのでしょう。

    あなたがかえりみてくださるとは。

                詩編 8編 4、5節




 2018年が終わろうとしています。


 この1年間に、自分に起きたこと、

 家族や隣人に起きたこと、

 社会や世界に起きたこと、などなど、

 様々に「起きたこと」をふりかえります。


 誰が起こしたのでしょう。

 自業自得、自己責任、自分のまいた種、

 そんな言葉を今は静かに休ませましょう。


 神様がいつも共にいてわたしたちを問い、

 「起きたこと」の先にわたしたちを導く、

 その、みこころのもと、2019年へと踏み出そう。





 
 


イメージ 4
28日(金)、雪が降りました。


イメージ 5
寒くなりました……。
 
 
イメージ 6
 
イメージ 9
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
どんなふうに、雪を受けとめるか、です。


イメージ 10
2018年を、わたしたちは、神様のみこころにかなう、

受けとめ方をしてきたでしょうか。


2019年を、

また新たな気持ちで、受けとめていきましょう。

 
 
 

 


      みなさま、1年間ありがとうございました。

     
     新年を楽しみにして、神様に祈る、大晦日です。