京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2018年10月28日(日)教会バザー

イメージ 17


<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年 10月28日(日)教会バザー」


イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 1

よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓

イメージ 2

2018年 10月28日(日)  京北教会 

「教会バザーの日」礼拝


  聖 書 ルカによる福音書 5章 17〜26節

  説 教 「人々の真ん中のイエス」今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   211「朝風静かに吹きて」

        497「この世のつとめ」

        403「聞けよ、愛と真理の」
         
 
  礼拝出席者数 36名

   
  礼拝後 ・バザーに向けた牧師の祈祷

      ・バザー準備(各分担に別れて)

      ・正午〜2時 教会バザー

      ・バザーの片付けなど


イメージ 8
(教会庭の酔芙蓉)

 週報掲載 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


 すると、男たちが中風をわずらっている人を

 床に乗せて運んで来て、家の中に入れて

 イエスの前に置こうとした。


 しかし、群衆に阻まれて、運び込む方法が見つからなかったので、

 屋根にのぼって瓦をはがし、

 人々の真ん中のイエスの前に、

 病人を床ごとつり降ろした。


 イエスはその人たちの信仰を見て、

 「人よ、あなたの罪はゆるされた」と言われた。

    
              ルカによる福音書 5章 18〜19節



 神の国の到来、という良き知らせを語っていた、

 主イエス・キリストのところに、

 一人の寝たきりの病人を床に乗せて連れてきた、

 男たちがいました。


 その一人の人を、いやしていただきたかったのです。


 しかし人がいっぱいで、

 イエスに近づくことができなかったため、

 彼らは思いきった手段に出ます。


 病人を床に乗せたまま屋根に上げ、

 屋根の瓦をはいで、そこからつり降ろしました。


 自ら動けない病人のため彼らは協力して、

 人々の真ん中のイエスに向かったのです。


 こうすれば何とかなる、と思っていた彼ら。

 信仰は、きっと何とかなる、そのことなのです。


 そうやって人が単刀直入に向かって来ることを、

 ゆるしてくださる、主イエス・キリストのゆえに。


イメージ 4
(教会の庭の酔芙蓉)


イメージ 7


京北教会バザー2018


2018年 10月28日(日) 正午〜14:00


みなさまのご協力で、

盛況の内に終了しました。

感謝してご報告いたします。


イメージ 6

前日の土曜日。

よく晴れた中、教会庭の設営をしました。

焼きそば作りの場と、野外での休憩・食事場所です。

日曜日も晴れとのことで、良かったです。



イメージ 12

屋内の物品販売場所の設営。

見やすく、買いやすくするための設置が大変です。

毎年、たくさんの献品をありがとうございます。


イメージ 9

70人分の焼きそばを作るため、キャベツを切っておきます。


イメージ 36

喫茶コーナーの設営。


イメージ 33

喫茶コーナーは牧師住居1階を開放して設営。

ていねいに掃除いただき感謝です(住人の談)


イメージ 35

毎年、たくさんの手芸品を出品いただきます。

お時間のかかる手作りの作業をしていただき、感謝。


イメージ 10

こうして、バザーの前週の木曜日・土曜日の、

それぞれ10:00〜と13:00〜に分けて、

屋内・屋外設営、その他のバザー準備を行いました。

上写真はその休憩時。

みなさまのご奉仕に感謝いたします。


イメージ 34

バザー準備の差し入れにと、長野から送られてきた柿。

感謝いたします。







イメージ 32

さて、バザー当日の朝。とてもよく晴れました。


イメージ 11

礼拝の前、朝9:30頃から、

炊きたての栗赤飯を、重量を計って詰めていきます。


イメージ 30

みんなで協力します。


イメージ 31

今年はおでんやケーキなど、食物販売コーナーを、

事務室に設置しました。


イメージ 13

手作りケーキ数種類と、マドレーヌが並びます。

今回は新たにナッツ・ケーキが加わりました。



イメージ 5

バザーの日も、礼拝はいつも通りに行いました。

10:30〜11:30。

この礼拝の司会は、牧師がしました。

バザー準備で皆様がお忙しいからです。



礼拝後、バザーのために、

みんなでお祈りを献げました。

神様のみこころにかなったバザーになりますように。

事故や問題がなく、楽しく過ごせますように。

多くの方々に「教会」を知っていただけますように。


アーメン。


お祈りのあとは、持ち場に別れて準備にかかります。




イメージ 14

上写真は、バザー開始の正午の10分前ごろ。

約30名が並んでおられます。

整理券を30番まで作っていたので、

お渡ししたところ、ちょうど無くなりました。



さあ、もうすぐ開場です。


イメージ 15

一気にたくさんの方々が来られました。感謝!

一番人気は物品販売です。


イメージ 26

教会庭での、焼きそば作りを開始。


イメージ 16

炎と煙に注意しながら、たくさん作ります。

火を一定に保つことも大切です。


イメージ 20

見て下さい、このボリューム。


イメージ 24

手早く正確に仕上げます。


イメージ 18

焼き上がるのに時間がかかるので、

販売は12:15からです。



イメージ 19

礼拝堂の後部に、手芸品コーナー。

たくさんの力作が並びます。


イメージ 25

姿見用の鏡を、真ん中にちゃんと用意しています。

衣類は新品のみ取り扱いました。


イメージ 23

喫茶コーナーにはワッフルとプチケーキ。

讃美歌のCDをずっと流しています。


イメージ 21

喫茶コーナーはいつも、少し遅れて、にぎわい出します。

買い物を終えた方々が、グループで来られるようです。


イメージ 29

屋外の食事コーナー。

お客さんも、奉仕者もここで休憩、食事をします。

良く晴れた心地よい気候の日となり、

本当によかったです。


イメージ 22

手伝う気が満々な子たち。

ありがとう。

そこらを動いてくれているだけで、

なんだかうれしいです。


イメージ 28

焼きそばは70名分を作って終了。

お疲れ様でした!


イメージ 27

いただきます! どうぞ〜。



イメージ 37

こうして、今年のバザーは無事終了しました。

事故や問題もなく、楽しく1日を過ごせましたことを、

神様と皆様に感謝申し上げます。



ご体調やお仕事の都合で休まれた方、

離れたところでもお祈りいただき感謝です。

お年をめしてご奉仕がなかなかできにくい方々も、

お祈りと見守りをいただき感謝です。

皆様のご健康、またその回復をお祈りします。



終了後の暫定会計では、

目標を大きく上回る収益が出ました。

皆様のお祈り、ご奉仕、ご協力の結果です。

ありがとうございます。

11月4日(日)礼拝後にバザー反省会をして、

詳しい報告を行います。



今回は、収益の1割を、

台風・水害・地震など、

各地の被災地救援・復興のために、

献金いたします。

少しでも、現地の力になれることを祈ります。



今回、牧師の反省としては、

例年にくらべて写真撮影が少なかったことです。

写らなかった方々がたくさん。

すみません!


イメージ 38
(教会庭の酔芙蓉)


秋が深まっていきます。

皆様のバザーのお疲れがしっかりいやされた後、

また来週、日曜日に礼拝を守りましょう。


休むこと、働くこと、学ぶこと、

ものを想うこと、何かを造り出すこと、

人と協力すること、共に生きること、

などなど、

すべてのことの、もとになるのが、

神様に感謝を献げる礼拝です。




どなたも、どうぞ京北教会の礼拝にいらしてください。

お待ちしております。