京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2018年9月30日(日)のこと

イメージ 14(秋明菊、教会の庭)

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2018年 9月 30日(日)のこと」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 1
(教会庭の酔芙蓉(すいふよう))

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 3


よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓














 2018年 9月30日(日) ブログ




イメージ 5

2018年 9月30日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 申命記 30章 1〜14節

  説 教 「愛して命を得るために」今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   208「主なる神よ、夜は去りぬ」

        502「光のある間に」

        561「平和を求めて」
      
   
この日は久しぶりに、讃美歌演奏機(ヒムプレーヤー)を使用しました。
           
 
  礼拝出席者数 17名
   
         台風24号の影響で欠席の方が多かったです。

          来られない皆様のご無事を祈りました。

          来ていただいた皆様に感謝。  

   
  礼拝後 ・予定なし(第5日曜の礼拝後は茶菓の席の用意は休み) 




イメージ 15
(教会の庭)

 週報掲載 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


 わたしが今日あなたに命じるこの戒めは

 難しすぎるものでもなく、

 遠く及ばぬものでもない。
 
 (中略)

 御言葉はあなたのごく近くにあり、

 あなたの口と心にあるのだから、

 それを行うことができる。


     申命記 30章 11〜14節


 
 これは旧約聖書の一節です。

 この後半の言葉は、新約聖書に引用されました。

 (ローマの信徒への手紙10章8節)


 ここで御言葉と言われているのは、

 聖書の言葉のことです。


 聖書を読んで心に刻み、

 それを口に出して身に着け、

 神様の導きによって生きること、

 それらのことは決して、

 「難しすぎるものでもなく」と教えています。


 つまり、神への信仰は、

 人間ができる範囲のなかにあるのです。


 それでも、聖書の言葉は難しいように思えます。

 では、何をどうしたら聖書の意味がわかるのでしょう。


 聖書はおそらく、

 「わかる」ことよりも心で「聴く」ことが大切です。


 聖書は神様からの手紙といわれます。

 手紙は、無理に読むものではなく、

 相手を信じて心を傾けて受け取るものです。


 折々の季節のなかで。




イメージ 7
(教会の庭) 




台風24号、皆様どうでしたか。

どなたもご無事でありますように、祈ります。


イメージ 6

台風一過のあと、教会庭に、

秋明菊がたくさん咲きました。

一気にワッと出て咲いたような錯覚をします。

実際には、ひとつひとつ咲く花が増えたのです。



イメージ 8

教会庭に、毎年この時期に咲く酔芙蓉(すいふよう)。

1日の中で、同じ花の色が、白から赤へと変わります。

だから、この花の名がついたそうです。


イメージ 9

大きな花がつきます。

花びらはふわふわで、しぼむとくちゃくちゃになります。

そして、また次の日に開く……ということでしょうか。

ずっと続けて観察していないので、

どんなふうに咲いたり、しぼんだりするのかわかりませんが、

とにかく、たくさんの花が、とても大きく育った茎から、

いくつもいくつも咲くのです。



イメージ 10

白から赤に変わりゆくときは、こんな花に。


イメージ 11

違った花が並んでいるようで、

実はどちらも赤にもなり白にもなる花で、

1日の中での色の変わり方が違う、ということです。



イメージ 12

台風一過。夏ミカンの実は落ちずにしっかりと。


イメージ 13

やまぶどう。



教会の庭に、こんなに様々な「秋」が開いています。






イメージ 4

そのなかで、陰で静かに咲く花もいいです。