京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2017年12月17日(日)教会大掃除

イメージ 1

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2017年12月17日(日)待降節の第3日曜日」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 3

イメージ 4

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。

イメージ 5

よろしければ、下記アドレスか、上の画像をクリックして、

どうぞご覧下さい!


 教会ホームページのアドレス
 ↓














 2017年 12月17日(日) ブログ


イメージ 8
 
 「待降節」とは、教会の暦で、「たいこうせつ」と読み、

 クリスマスまでの4週間のことです。


 この時期に入ると、礼拝堂に4本のローソクを立てて、

 日曜日ごとに、一本ずつ増やして灯します。


 今日は3本のローソクに点灯しました。


 「待降節」は、外国語では「アドベント」と言われます。

 これは、ラテン語で「現れ出る」という意味とのこと。


 主イエス・キリストのご降誕のクリスマス、

 神の恵みが現れ出ること、

 それを待ち望みつつ、この時期を過ごしましょう。


 まことの平和が世に来たることを願って。




イメージ 6
(教会庭にて)

  2017年 12月17日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 マタイによる福音書 1章 18〜23節

  説 教 「心を捨てる前に待て

  讃美歌21 231「ひさしく待ちにし」

        254 「小鳥も飛び去る冬のさなか」

        248「エッサイの根より」      
 

  礼拝出席者数  34名 


   教会への礼拝出席が、初めての方が来られました。

   心より歓迎いたします。また、いらして下さい!

   そして、礼拝後の大掃除にも参加下さり、感謝です。


   また、入院中の方が一時外泊許可を得て、

   礼拝出席されました。うれしく思います。

   ただ、決してご無理はなさらずに!
         
   
  礼拝後 ・みんなで、クリスマス前の「教会大掃除」 





イメージ 2
 
         週報掲載 <聖書と宣教のことば>

     ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


 「イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。

  母マリアはヨセフと婚約していたが、

  二人が一緒になる前に、聖霊によってみごもっていることが

  明らかになった。

  夫ヨセフは正しい人であったので、

  マリアのことを表ざたにするのを望まず、

  ひそかに縁を切ろうと決心した。

  このように考えていると、

  主の天使が夢に現れて言った。

  『ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。』

           
            マタイによる福音書 1章18〜20節

 

 

キリスト(救い主)の誕生の話が記されています。

ルカ福音書では母マリア、マタイ福音書では父ヨセフに、

それぞれ話の焦点があてられており、違いがあります。


その一方、他の二つ(マルコ、ヨハネ)の福音書には、

そもそも誕生の物語が一つもありません。


福音書を記した人たちの、

エスへの気持ちの焦点が、

それぞれに違っているのです。


今日の私たちの思いと同様に。 


主イエス・キリストの誕生について、

歴史的な事実がどうであったかは、

今となっては確かめることはできず、

私たちは思いをめぐらせるばかりです。


聖書を読む人に、

神の救いを信じることへの、

扉が開かれますように祈ります。



イメージ 7


   

「教会大掃除」



       待降節(アドベント)の第三聖日の本日。

     京北教会は礼拝後に「教会大掃除」をしました。


        毎年、クリスマス前の恒例です。


      事前の役割分担とか係は決めていません。

  ご自分のできる範囲で、掃除したい所をしていただきました。




イメージ 9

 まず、礼拝堂の長椅子のざぶとんカバー。


イメージ 10

 講壇全般の拭き掃除。


イメージ 11

 集会室の窓拭き。


イメージ 13

 牧師住居(教会建物の一部)の窓拭き。

 (皆様、ありがとうございます! ──住人より)


イメージ 12

      礼拝堂の長椅子拭き、カバー掛けなど。


イメージ 14

 寒いなか、外でも、網戸を綺麗にするなどの作業。


イメージ 15

 事務室の窓拭き。


イメージ 16

   寒いですが、よく晴れた日となりました。


 教会大掃除の終了後、

 パンと温かいスープで簡単な昼食をいただきました。

 ご用意に感謝します。


 大人数で、教会大掃除が出来て、本当に良かったです!

 皆様のご奉仕に感謝いたします。


 クリスマス前に、教会の各所を綺麗にして、

 みんなでクリスマスを迎える準備ができました。

 
 身体の事情で掃除できない方々は、

 クリスマスカードの記入を、この時間にして下さいました。


 どの方にも、御礼申し上げます。

 ありがとうございました。

 


 (今回、掃除する皆様の写真は、ブログ用のスナップ撮影なので、

  ご奉仕いただいた、30人近い皆様のすべては写っていません。

  そのことをご容赦下さい)


 
イメージ 17

 教会庭の夏ミカンがいい色です。

 いつの間に? と思うほど、橙色が濃くなりました。


 この収穫は来年の1月28日(日)礼拝後の予定です。

 これもまた、皆様のご協力をお願いいたします。

 今回は、2本の木の片方だけがたくさん実ったので、

 例年よりも収穫は少ないですが、よろしくお願いします。

 (その後の、マーマレード作りも、男女問わず、よろしくです)



 
イメージ 18


教会庭のヒイラギ。

ほんの少しの紅い実が、

クリスマスを告げているかのようです。




それは、もう来週のこととなりました。