京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

11月9日(日)のこと



  <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2014.11.10

 「11月9()のこと


 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。

 




     ─以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法

 (パソコン版で見るときに使える機能)


 
 ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、

 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 
 右欄の中にある、

 「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」

 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、

 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、

 それらのテーマ別に分けて読むことができます。

 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、

 クリックすると、全てのブログを順番に読むことができます。

 
 上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、

 赤く小さい字で「リスト」とあります。

 この文字をクリックすると、記事の一覧表が出ます。

 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の、左右の三角印を、

 クリックすると、年月を移動させて検索することができます。

 カレンダーの中で赤文字の日付けが、ブログを作成している日で、

 これをクリックするとその日のブログが、表示されます。
 


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7
 
 
京北教会のホームページを、
 
ブログとは別に作っていますので、
 
よろしければ、どうぞご覧下さい!
 
 
ホームページのアドレス
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
本日のブログはここからです。
 
「11月9日()のこと


 





イメージ 4

教会庭の夏ミカンがあっという間に、

色づきが進みました。



イメージ 5


イメージ 6

 秋が深まっていき、
 色はどんどん黄色くなりますが、
 夏ミカンの実際の収穫は来年の1月末です。
 マーマレードに適するようになるまで待ちます。

 秋の実りも、
 それを取り入れるのは秋とは限りません。

 しばらくの時間を、待つことに用いましょう。




イメージ 8

礼拝堂の花。様々な種類を美しく活けていただき、感謝。

イメージ 12

集会室の片隅にも。


イメージ 15

   2014119() 京北教会 聖日礼拝
 
    聖 書  サムエル記上 2111
    説 教  「片隅での献げ物」
    讃美歌21 494ガリラヤの風」
          482「わが主イェスよ」
                120「主はわがかいぬし」
 
          出席者数  35名
 
          礼拝後 ・「お茶と祈りのとき」
 
イメージ 7

   このときのために、
 ご両親の記念会(逝去された方を記念する会)を、
 今週に自宅で行われるご夫妻から、
 ご両親を記念して、お菓子の寄贈を、
 いただきました。ありがとうございます。
 
 そして、長野在住の方から、柿を送っていただきました。
 生の柿、樽柿(焼酎に渋柿をつけて甘くしたもの)、
 干し柿と3種類をいただき、ありがとうございました。

イメージ 11


 日曜日の朝、むく手間がたいへんなところ、
 素早く綺麗に出していただき、
 お世話になりました皆様に感謝です。

 お茶とお菓子と柿をいただいたのちに、
 個人消息や教会のこれからのことなど、様々に、
 祈りの課題を出し合って、3人の有志にお祈りいただきました。
 ありがとうございました!

イメージ 14

 今日はよく泣いていたね!
 


 

イメージ 10

  
      週報掲載 <宣教のことば>

     「主は何事も知っておられる神。

        人の行いが正されずに済むであろうか。」

                          (サムエル記上 2章3節)




 これは、ハンナという女性の、感謝の祈りの一節です。
 
 ハンナは、ある願い事をもって祈り、
 それがかなえられたときに、
 神様に感謝し、たたえて祈りました。
 
 一つの祈りから、次の祈りへと進む生活です。

 わたしたちの普段の生活は、このハンナのように、
 願い事の祈りから、ときを経て感謝の祈りへと進む、
 その間にある時間ではないかと思えます。
 
 願い事だけで終る祈りは、
 自己中心的な生活のなかの、
 独り言のようなものです。
 
 そうではなくて──
 自分にけじめをつける意味でも、
 願ったことが、その後どうなったかを考えて、
 過去を振り返って感謝を献げましょう。
 
 そこできっと、ハンナが祈ったように、
 「人の行いが正さ」れていきます。
 
 祈って、振り返って、また祈って、
 その生活のなかで、
 自分の行いが正されていきますように。
 そう願います。

イメージ 9





この日の午後、遠方のホームに入居されている方を、
車で訪れました。

イメージ 16

見晴らしがよくて、とてもいい部屋で、
のびのびとしておられました。

とてもお元気にされており、
訪問を大変喜んでくださいました。
久しぶりにお会いできて感謝です。

イメージ 17

教会からの寄せ書きカードを、
部屋にはって下さっていました。
うれしく思います。
励まされているのは、
カードを送るほうかもしれません。

イメージ 18

近況をおしゃべりして、
讃美歌「うるわしの白百合」と、
「いつくしみ深き」をみんなで歌って、
お祈りをして、ホームをあとにしました。

車で帰るわたしたちを、
ホームの玄関を出て、
手を振って見送っていただきました。

部屋に、聖句がかけてありました。
洗礼を受けられたときにいただいた聖句とのこと。

 
 イメージ 13

「いつも喜んでいなさい。

絶えず祈りなさい。

これこそ、キリスト・イエスにおいて、

神があなたがたに望んでおられることです。」


         テサロニケの信徒への手紙1 5章16〜18節