京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

3月30日(日)のこと

           <きょうほく・きょうかい>
「虹の架かる教会」京北教会ブログ
2014.3.30
 「3月30日(日)のこと」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 
 ─以下は、過去(2010~)のブログを読むときに便利な方法─
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
             
日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!

ホームページのアドレス







 
 本日のブログはここからです。

「3月30日(日)のこと






イメージ 4

礼拝堂に朝の光。
聖餐卓に花が反射して映っています。


思いがけないところに花が光る光景。



わたしたちも一人ひとり、
何かを映して、何かを光らせています。





    2014年 3月30日(日) 京北教会 聖日礼拝

    聖書 ヨハネによる福音書 14章 15~31節
  説教 「語られる約束」
  讃美歌21   19「みさかえ告げる歌は」
        305(1-4)「イェスの担った十字架は」
        300「十字架のかげに」

   出席者数 32名

 礼拝後 ・この日は特になし。
      奉仕者の負担軽減のために、
      これから第5日曜日には、いつものような、
      「みんなが席についての茶菓の用意」は、
      しないことにしました。ご理解をお願いします。

      ただ、お茶をポットに用意しますので、
      必要な方はご自由にお飲みください。


イメージ 8

 教会の前の公園に、桜が咲きました。
 なかなか咲かないなあと思っていましたが、
 咲くときは一気に咲きました。

イメージ 9


          週報掲載 <宣教のことば>
 
 「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。
  あなたがたのところに戻ってくる。」
             ヨハネによる福音書 1415
 
 「わたしは、平和をあなたがたに残し、
  わたしの平和を与える。
  わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。」
             ヨハネによる福音書 1427
 
   とらえられて十字架につけられる前日の夜、
 受難を前にして、イエスは、
 神の深い恵みを弟子たちに向けて語りました。  

 しかし、弟子たちにそれは伝わったのでしょうか?
 その言葉を受け取る側に、
 しっかりとした心の準備がないと、
 理解できるはずがないのではありませんか?

 弟子たちには、しっかりした心の準備、
 そんなものはなかったので、
 せっかくの、
 イエスの言葉の意味がわかりませんでした。

 その彼らに、十字架の前日のイエスはあえて、
 一つひとつの、恵みの言葉を語りました。

 それは、その恵みの意味を
 さっぱりわからない者たちに対しても、
 神は神でありたもう、と伝える出来事でした。

 いつくしみ深い主であります。





イメージ 5

 教会の前の萩児童公園。
 上写真の中央奥に京北教会がわずかに見えます。


イメージ 6

 
イメージ 7

 桜の花と京北教会会堂を、一枚の写真に収めようと、
 撮影する角度をあちこち探しました。
 
 上の二枚は、まあ、なんとか撮れたかなと。 
 なかなかぴったりに思ったようには入りません。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 桜を見ていると、ひこうき雲も見えました。



 桜を見ていると、空や雲や、日の光、

 そして公園の様子や教会など、

 いろいろなものが目に入ります。



 そうしているうちに、

 こころが落ち着いていきます。

 

 いろいろなことを、自分の中で、

 一枚の絵や写真にまとめるように、

 受け入れて、心に収めていくことができたら、

 わたしたちのこころはずいぶんと、

 落ち着いていくのではないでしょうか。

 



 2013年度は、もう終わり。
  
 桜が咲いたからには、

 前に進めです。









  「主は天を雲でおおい、

   大地のために雨を備え、

   山々に草を芽生えさせる。

   獣や、烏のたぐいが求めて鳴けば、

   食べ物をお与えになる。

   主は馬の勇ましさを喜ばれるのでもなく、

   人の足の速さを望まれるのでもない。

   主が望まれるのは主を畏れる人。

   主の慈しみを待ち望む人。」

           詩編 147編 8~11節