京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

12月9日(日)のこと/オルガンコンサート

  <きょうほく・きょうかい>
「虹のかかる教会」京北教会ブログ
2012.12.9 「12月9日(日)のこと/オルガンコンサート」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 ─以下は、過去(2010~)のブログを読まれる方へ─

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約9分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!








 ここからが本日のブログです。

 2012年 12月9日(日) 

「12月9日(日)のこと/オルガンコンサート」





イメージ 4

教会の前の公園の、けやきの葉が輝いています。

イメージ 28

 黄色の葉が紅葉へ。

イメージ 27

 教会の玄関から見るけやき。


イメージ 26


 2012年12月9日(日) 京北教会 聖日礼拝

 聖書 ルカによる福音書 12章49~59節
 説教「待降節にあたって」
 讃美歌21 231「ひさしく待ちにし」
       412「昔、主イェスの」
       493「いつくしみ深い」
 
 出席者数 26名

 礼拝後 「お茶と祈りのとき」

  手作りマドレーヌをみんなで美味しくいただきました。
  ご用意に感謝。
  クリスマスのこと、転入会される方のこと、
  個人消息などをみんなで気持ちを合わせて祈りました。



イメージ 18


京北教会アドベント・オルガンコンサート

 2012年 12月6日(木) 午後1時開場 1時半開演

 京北教会女性会の主催です。
 ソプラノ、鈴木美紀子さん。
 来場者は90名以上でした。
 皆様、本当にありがとうございました。


イメージ 24

 開場に美しい花束が届きました。


イメージ 5

 司会者と出演者お二人との打ち合わせ。


イメージ 23

 コンサート後のお茶のための、会場設営。


イメージ 6

直前リハーサル。


イメージ 7

 オルガニストへのプレゼントを持ってこられた方も。
 丹念に育てられたストレプトカーパス


イメージ 8

 開場と同時に、どんどん席が埋まっていきます。

イメージ 9

 満員御礼。パイプイスを通路に置いても、
 それでも礼拝堂に入りきらないので、隣の集会室にも。


イメージ 11

 美しいソプラノが響きます。


イメージ 12

 オルガン演奏の曲目解説をしてくださる。


イメージ 10

 アドベント(待降節)の時期に、このようなコンサートが出来て、
 幸いでした。写真はみんなでクリスマス讃美歌を歌うとき。

 90名以上の参加者で、みんなで歌いました。


 コンサート後には、お茶とケーキにて歓談のとき。
イメージ 14

イメージ 13

楽しく賑やかな歓談のときとなりました。


イメージ 15

 人がいっぱいだったので、礼拝堂と隣の集会室の間の、
 戸を外しました。こうすると広く使えます。


 1916年か17年に製造された、ヤマハリードオルガン

イメージ 22


イメージ 21


 京北教会草創期から教会の幼稚園で用いられ、
 礼拝に使われてきた歴史を持ちます。

 96年前に製造されたこのオルガンを、
 長く礼拝に用いてきましたが、
 1980年代に使用を停止して2代目オルガンに代わりました。
 その後長らく保存した後に、
 昨年に全面修復して再び用いています。

 松居さんに弾いていただくのは今回が初めて。
 2週間前に業者に見ていただいて調整を完全にしました。

 そして、この日、素晴らしい音が響きました。


 
イメージ 16

 こんなうれしい日が来るとは思わなかった、
 とオルガン自体が思っているかもしれません。


 松居さん、鈴木さん、本当にありがとうございました。
 今回は第20回目の記念のオルガンコンサートでした。
 そのために特別に歌を献げてくださいました。
 感謝にたえません。


 そして来場いただいた皆様に心より感謝申しあげます。
 よいクリスマス、よいお年をお迎えください。

 

イメージ 17

 教会のクリスマスツリー。

イメージ 25


イメージ 19

 ツリーのライトを窓の内側から見たところ。

イメージ 20

 すりガラスを透して、少し不思議に輝きます。

 みなさんの目に、京北教会のクリスマスは、
 どんな風に、心の目に映るでしょうか。