京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2012年の京北教会バザーを振り返って

イメージ 1  <きょうほく・きょうかい>
京北教会ブログ
2012.11.4 
「2012年の京北教会バザーを振り返って」

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分>



(注)今回のブログにある、京北教会バザーの報告は、
2012年度のものです。
その年々の、京北教会バザーの日程や内容については、
教会ホームページやブログの直近の記載を確かめるか、
直接、京北教会に、電話やメールでお尋ねください。


京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、下記のアドレスをクリックして、
どうぞご覧下さい!

京北教会ホームページのアドレス


イメージ 2
(教会員の庭で育てられたチェリーセージの花)
 
 2012年 11月4日(日) 京北教会 聖日礼拝

 聖 書 ルカによる福音書 11章 45~46節
   説 教 「イエス、立ち向かう」
 讃美歌21  155「山辺に向かいて我」
        483「わが主イェスよ」
        529「主よ我が身を」

 出席者数 27名

 礼拝後 ・軽食 ・バザー反省会 ・11月定例役員会

 バザー反省会のあと、役員会が続いて、
 役員の皆様は今日、お疲れかと思います。お働きに感謝。

イメージ 3

 お昼には、炊き込みご飯とカブの酢漬け、
 じゃがいもの煮っ転がし、
 具沢山の味噌汁とデザートに柿。

 秋の味覚を、どれも美味しくいただきました。
 じゃがいもは北海道のものをいただきました。
 ご用意してくださった皆様、ありがとうございました。

 上の写真のじゃがいもと柿は一人分ではありません。
 何人かの分を盛ったものです。


 
 バザー反省会

 豊かな実りに感謝して、互いに労をねぎらいつつ、行いました。
 各持ち場の担当の方から報告を聞き、今後の課題などを、
 みなで話し合い、たくさんの意見が出て、良い反省会でした。

 ・今年は雨天にもかかわらず、たくさんの方が来られたこと。
 ・会場をもう少し広く設営できないかということ。
 ・雨天の場合には会場設営の仕方に工夫がいること。
 ・来訪者が多いのを見て、その場で臨機応変に工夫したこと。
 
 などなど、いろいろに話し合い、今後の糧としました。

 どの意見も、現実に即して「なるほど」と思わされました。
 やはり、こうした振り返りのときというものは大切です。

 バザー収益の中から、東日本大震災救援・復興のために、
 献金をすることにしました。また、教会の建物補修など、
 今後に向けた備えにも用いさせていただくことにしました。

 豊かな実りは、皆様のお祈り、献品、奉仕の結果です。
 バザーが事故も問題もなく楽しくできたことを、
 導いてくださった天の神様に感謝して、
 反省会を終えました。

イメージ 4

 先週のバザーは、様々な方々に支えられて行いました。

 上の写真は、バザーで販売したもので、
 教会員の通われる施設の方々の手作り品。完売しました。
 ほかにも、いくつかの施設とバザーでの協力関係があります。

 また、東日本大震災の被災地で、復興のため製造された、
 サンマ生姜煮のパックを献品で扱いました。(いいお味でした)

 遠方の山口県から名産の魚の竹輪や天ぷら(練り製品)を、
 毎年、バザーのために送って下さる教会員もおられます。
 おでんの具にさせていただき、いつも好評です。

 遠方に引越される方で、家の物品を整理して、
 たくさんのものを献品くださった方もおられます。

 また、京北教会ホームページをご覧になられて、
 バザーに献品をくださった地域の方もおられました。

 ほか、もうこれ以上は書きませんが、
 様々な方々が、バザーを心にとめて関わってくださいました。

 いろいろな方々に支えられての、京北教会バザー。
 その無数の方々に、感謝し、皆様に天来の祝福を祈ります。



   先週のブログに用いなかったバザー写真を以下に…。

イメージ 9

一つひとつが手作りの刺繍の手ぬぐい。
時間をかけてバザーのために造ってくださいました。


イメージ 10

手作り品を壁にかけて。
この写真を撮った後、
この壁にはもっとたくさんの、
手作り品がかけられました。

 
イメージ 6

 教会庭にて。大きな厚い鉄板は今年も活躍してくれました。
 ずいぶん昔に、特注で作っていただいた鉄板です。

イメージ 5
 
 雨天の下の焼きソバ作りは、煙がテントにこもって大変です。
 帽子、マスク、ゴーグル、軍手、タオル、エプロンで重装備。

イメージ 7

 上の写真は何だと思われますか?
 焼きソバの材料です。仕分けしてスタンバイしておくのです。

イメージ 11

 山のような焼きソバ。たくさんの材料を入れて、
 どんどん焼き上げていきます。

イメージ 12

 きらさずに薪をくべて、炎を調節する係の方、
 モクモクと目にしみる煙の中で、ありがとうございました。


 焼きソバなどの食事などのために、バザーでは、
 牧師住居の一階を、喫茶・食事コーナーとして開放します。
イメージ 8

 前日の土曜日、みんなできれいにコーナーを整えました。
 いろいろな机やイスを総動員しています。
 
イメージ 13

 これもバザー前日の土曜日の写真。物品をスタンバイする途中。


 そして、当日。

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 17

こうやってバザーの写真を見ると、
一週間経ったのですが、余韻のようなものを感じます。

神様と皆様への感謝の思いとともに……。



イメージ 14
 
 バザー反省会を終えて、やっとバザーが全て終わったと感じて、
 まだ余韻を感じることができるのは、幸いなことでしょう。

 
イメージ 15

 先週、訪問した教会員のお家の庭にて。
 キウイが連なって実っています。

 

 人も、神様のまなざしのもとで、
 お互いに、つらなっています。
 そのことがあっての、京北教会バザーでした。