京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2016年12月25日(日)クリスマス聖日礼拝


イメージ 15

 <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2016年12月25日(日)クリスマス聖日礼拝

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。



イメージ 1

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分




 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。


イメージ 3



よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!


教会ホームページのアドレス

 








本日のブログは、ここから下です。











 ↓2016年 12月25日(日) ブログ


イメージ 11
 
  2016年 12月25日(日)  京北教会 クリスマス聖日礼拝


  聖書 ルカによる福音書 2章 1〜20節

  説教 「旅人と星のクリスマス

  讃美歌21 259「急ぎ来たれ、主にある民」
 
          263「荒野のはてに」

        271「喜びは胸に」 

        81「主の食卓を囲み」(聖餐式)
              
                      261「もろびとこぞりて

  出席者数   42名     
         
  礼拝後 ・クリスマス祝会(昼食会)



イメージ 12

 礼拝堂のクランツに、5本目のローソクを灯しました。

   (4本の赤いローソクの輪の中心に、1本の白いローソク)

 待降節の4週間を終えてクリスマスの日となりました。


イメージ 13

礼拝前。徐々に皆様が着席されます。

この日は42名のご出席をいただきました。


この日の礼拝堂の、講壇前の白い布は、

聖餐式(せいさんしき)のパンとぶどう果汁の、

入れ物の上にかけたものです。


京北教会では年5回、礼拝で聖餐式をします。

イメージ 4

聖餐式のパンとぶどう果汁は、

主イエス・キリストを表しています。



聖餐式のあるとき、週報にいつも、

下記の内容の文章を掲載します。

聖餐式と洗礼式の意味について詳しくは、

京北教会ホームページをご覧ください。



聖餐式について」


本日は、礼拝中に短く聖餐式を行います。

これは、主イエス・キリストが、

「パンとぶどう酒」で自らを表し、

それを食する者が、

主イエスと共に生きていることを表す式です。


その意味を聖書から知ってから、

聖餐にあずかっていただくために、

すでに洗礼を受けた方にのみ、

パンとぶどう果汁を渡します。


まだ洗礼をお受けでない方々には、この聖餐式の場を、

万人を招く神様の御心のなかにあって、

洗礼を受けるまで、あえて待つ機会として、

この場に共におられるよう願います。


洗礼は、神によって、

自分自身の重荷から解き放たれる道です。

洗礼を受けることをいつでも牧師にご相談ください。


主イエスと教会と共に、

自分の前に広がる道を歩みましょう。




イメージ 16

礼拝前。昼食会の準備。

前日から皆様、ありがとうございました。

今年は、祝会の開会のお祈りの前に、

各地の火災被災者を覚えて黙祷しました。

そして、年間を通しての奉仕者への、

感謝のときを持ちました。

礼拝のオルガン奏楽者の皆様、

そして他のすべての奉仕者に感謝。


そして、心づくしのご馳走を、いただきます!

イメージ 10

皆様が分担された、手作りのご馳走やケーキなどが並びます。

クリーム・シチューは男性陣の手作りです。感謝!

どれもこれも美味しくて、堪能しました。

皆様の、配膳や後片付けのご奉仕にも感謝です。


ビュッフェ形式で、ゆっくりと食事の時間をとったあと、

何人かに短いスピーチをお願いし、

心に残る言葉を聴かせていただきました。感謝!


イメージ 9

食事が一段落したあと、ヴァイオリン演奏をいただきました。

讃美歌のほか、様々なバラエティに富んだ選曲で、

みんなで楽しく聴きました。

イメージ 8

そして、カントリーバンドの歌と演奏をいただきました。

「丘の上の主の十字架」ほか、素晴らしい内容でした。

本当に、ありがとうございました。

イメージ 7

1時30分が終了時刻。

最後に「もろびとこぞりて」を歌って、

ハイタッチして「メリー・クリスマス!」を言い合って、

今年のクリスマス祝会を終わりました。





この日の夕方、施設に入居中の教会員の一人を、

牧師が訪ねました。とても喜んでくださいました。


イメージ 17


元気にしているので、皆様によろしく、とのことです。

快活でお元気なご様子に、うれしく思いました。

ご本人の了解を得て、写真を掲載します。


イメージ 6

2016年12月24日(土)19:30〜20:20 

京北教会 クリスマス・イヴ燭火讃美礼拝

出席者数 24名

イメージ 14

初めての方、旅行者の方も含め、皆様のご参加に感謝します。

クリスマスの讃美歌をたくさん歌いました。

礼拝後には、キャロリングとして、

ご健康により礼拝に出席できない教会員のお宅一軒を訪ね、

玄関前でクリスマス讃美歌を歌わせていただきました。

ご夫妻が玄関で迎えてくださり、うれしかったです。

ご健康をお祈りいたします。ありがとうございました。



イメージ 5

今年のクリスマスは終わりました。

みなさまの心に、神様のプレゼントが届きましたか。

それぞれ、いただいた恵みを大切にして、

さあ、2017年へ出発です。

みなさま、本年はまことにお世話になりました。

どうぞよいお年を!



──主の祈り──


天にまします我らの父よ。

願わくは、み名をあがめさせたまえ。

み国を来たらせたまえ。

み心の天になるごとく、地にも成させたまえ。

我らの日用の糧(かて)を、今日も与えたまえ。

我らに罪を犯す者を我らが赦(ゆる)すごとく、

我らの罪をも赦したまえ。

我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。

国と力と栄えとは、限りなくなんじのものなればなり。



2016年の終わりにあたり、

真心によって、この祈りをお献げします。