京北(きょうほく)教会ブログ──(2010.8〜)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

3月2日(日)/お見舞いの訪問

           <きょうほく・きょうかい>
「虹の架かる教会」京北教会ブログ
2014.3.2
 「3月2日(日)お見舞いの訪問」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 
 ─以下は、過去(2010~)のブログを読むときに便利な方法─
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!

ホームページのアドレス







 
 本日のブログはここからです。

「3月2日(日)/お見舞いの訪問






イメージ 15

牧師住居の玄関から空を仰ぐ。

イメージ 16

光を求めて。





イメージ 17

礼拝堂の花。学校の卒業式のものをいただきました。感謝。

いま、卒業式の時期を迎えているのだと実感します。


イメージ 4

桜の花。

入学式、卒業式……いろいろな節目を思わせる。



どんな道にも桜の花が散ってくれる。





イメージ 6

 2014年 3月 2日(日) 京北教会 聖日礼拝

 聖書 創世記 27章 30~40節
 説教 「切り結ぶ力」
 讃美歌21 425「こすずめも、くじらも」
       493「いつくしみ深い」
       484「主われを愛す」

 出席者数 38名

   礼拝後 ・軽食  ・3月定例役員会

   役員会では次年度計画などを話し合いました。


イメージ 5

    シャコバサボテン。
 教会玄関を入ったところに置いています。

イメージ 7

今日のお昼は、ハヤシライスでした。
前日から、そして今日の朝からのご用意、
どうもありがとうございました。

美味しくいただいて、
おかわりしました。

毎回、昼食代に一人100円を上乗せさせていただき、
東日本大震災被災教会の再建献金に送っています。
皆様のご協力に深く感謝申し上げます。




       週報掲載 <宣教のことば>
 
 祈ることは不思議なことで、
 自分に力が与えられた気がします。

 何かを願う、何かを祝福する、
 何かを問う、何かを受け入れる……。
 祈ることでわたしたちは、
 祈りの先から、何かの力を得ています。

 ところが、祈りが裏切られた話が、
 旧約聖書に出てきます。

 父イサクは長男のエサウを祝福して、
 祈ることで長男に父の権威を与えましたが、
 これは目が不自由な父イサクをだました、
 次男ヤコブのしわざであり、母リベカの計略でした。

 エサウは泣いて、「お父さん、祝福はたった一つしかないのですか」と問います。

 祈ることの意味が、自分に力を得ることだけなら、
 こんな悲劇が起きてきます。

 聖書は身勝手な人間の実像を指し示しつつ、
 イエス・キリストを指し示します。

 キリストの十字架は、
 人間の力のおよぶ範囲の終りを告げています。

 「祈って何とかなる」ような、
 人間の力のおよぶ範囲の終わりの向こう側、
 その先にある神のご計画を示します。

 そのご計画のなかに、自分の身をおいて祈りましょう。
 自分の力を増やすためではなく、
 神の御心のために、神のご計画がなりますようにと、
 もういちど祈り直してみましょう。






──過去の写真から──

最近、忙しさにかまけて(?)、
写真を撮ることが減りました。

昔に撮った写真から、
少しピックアップします。

どれも、お見舞いに行ったときに撮影した、
風景写真です。



イメージ 8

奈良市から見える生駒山

イメージ 9

右側に見えるのが奈良市100周年記念館。
すごく大きい建物です。
瓦を使って壁面を構成しているそうです。
さすが古都奈良の建築。

イメージ 10

遠くに春日山が見えます。



イメージ 11

この市営住宅は、黒川紀章の設計だと聞きました。

広い廊下、工夫したデザイン。

イメージ 12

地上13階からの眺めが素晴らしかった。

イメージ 13

波打った独特のデザイン。
近代の様式。


お病気でたいへんだったご夫婦が、
回復して礼拝に来られたとき、本当にうれしかったです。
お見舞いに行って本当によかった。




イメージ 14

これも奈良県。病院の近くのコンビニの駐車場から。

何度も見てきた夕景。
遠くに見える鉄塔が夕陽に輝くのを見るのが、
好きでした。


どこにお見舞いに行っても、
その近くに、行く道に、
何かの景色があります。


その景色に自分の心を重ね合わせて、
見てきたのだと思います。

そして、
大きな風景の前で、
祈るのです。




イメージ 18