京北(きょうほく)教会ブログ──(2010.8〜)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

教会庭の夏ミカン収穫(2012)

イメージ 2

奏楽者が来られる前に、オルガンカバーを外して準備しておく。
朝の光の中で。

今日は、こちらの二代目オルガンを礼拝に用いる。


イメージ 1

礼拝堂に生けていただいた花。
新年1月の雰囲気を感じる。
生けていただき、ありがとうございます。



 
 2012年 1月29日(日) 京北教会 聖日礼拝

 聖書 ルカによる福音書 4章1~16節
 説教 「あなたをしっかり守る」
 讃美歌21 7「ほめたたえよ力強き主を」
      390「主は教会の基となり」
      403「聞けよ、愛と真理の」

 出席 25名

 礼拝後 教会庭の夏ミカン収穫(400個) 参加 22名
     収穫後 お茶とドーナツ



イメージ 3

 総勢22名で、夏ミカンの収穫。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11


イメージ 10

イメージ 12

あと少し…。

イメージ 14

お体の事情などで、外に出て収穫できない方々が、
室内でみかんの袋詰めをしてくださいました。
感謝。

イメージ 13

10個ずつ袋詰め。これによって、今年の収穫が約400個と判明。
たくさん実った…!

収穫のあとは、コーヒーとドーナツをいただきました。
少しばかりの雪が舞う中の収穫作業でした。
ありがとうございました。

これからの各家でのマーマレード作り、
どうぞよろしくお願いいたします。
とてもお手間がかかるとうかがっています。
頭が下がる気持ちがいたします。



イメージ 15

教会の集会室に掲げられた書。
こういうのを「揮毫」(きごう)というそうです。

賀川豊彦筆。1929年のもの。
はるか昔に、中島駒三郎さんから京北教会へ寄贈いただいたもの。
感謝 。

何て書いてあるか、読めますか?

イメージ 16


 書の左側に、下記の文語読み下し文を付けて解説しています。
 
憂ふるに
似たれども
常に㐂び 
貧しきを以て
多くの人を
冨まし
無所有を以て
凡ての物を持て里
 
一九二九・九・一五
       豊彦
 
 ………………………………
コリントの信徒への手紙二          
六章十節 
………………………………
(以下、文語読み下し)
 
憂うるに
似たれども
常に喜び
貧しきをもって
多くの人を
富まし
無所有をもって
全ての物を
持てり
 
 
 (以下、現代語。新共同訳)
 
悲しんでいるようで常に喜び、
物乞いのようで多くの人を富ませ、
無一物のようで全てのものを所有しています。
 


イメージ 17

 今日、夏みかんを手に持ったときの、
 あの、うれしさに通じる聖書の言葉に思えた。
 
 持つことは、うれしい。
 分け合うことも、おそらく…。