京北(きょうほく)教会ブログ──(2010.8〜)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2017年8月13日(日)のこと

イメージ 12
(教会の生け垣)
<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2017年8月13日(日)のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 8
(教会の庭の夏みかん)

イメージ 9

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分


 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。


イメージ 10



よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!


教会ホームページのアドレス

 








本日のブログは、ここから下です。













 2017年 8月13日(日) ブログ


イメージ 17
(礼拝堂にて、やまごぼう等)

  2017年 8月13日(日)  京北教会 聖日礼拝


  聖 書 創世記 50章 15〜21節

  説 教 「神に代われない、ゆえに

  讃美歌21 7「ほめたたえよ、力強き主を」

        567「ナルドの香油」

        465「神ともにいまして」 
 

  出席者数  34名   
     

           
  礼拝後 ・「お茶と祈りのとき」 27人

        教会員のお一人から、当時14才のときの、

        広島での被爆体験のお話を伺いました。


        鮮明に記憶しておられた事実を、

        事前に紙に書かれて用意された内容で、

        約20分間、静かにお話をしてくださいました。


        そして、お話の終わりに、

        お祈りをしてくださいました。

        それは、みんなのためのお祈りであり、

        この世界にまことの平和を願うお祈りでした。


        貴重なお話とお祈りに感謝です。

        ありがとうございました。


        そして事前にお願いした3人の有志の方々に、

        続けて祈っていただき、最後に牧師が祈りました。

     
        今日集われた皆様に心より感謝申し上げます。

        これからも皆で歩む京北教会でありますように。


イメージ 15

イメージ 16

 この日のために手作りされた「水ようかん」と、

 差し入れいただいた、知覧のお茶。

 ご用意に感謝いたします。みんなで美味しくいただきました。


イメージ 18

 今日の礼拝堂の活け花はやまぶどう。

 夏らしく思います。活けていただき感謝。


イメージ 19

 先週の平日、奏楽者の方がオルガン練習に来られました。

 猛暑のなか、遠方からお越しいただいての練習を、

 ありがとうございました。



イメージ 13  
           週報掲載 <宣教のことば>

          ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──


  「ヨセフの兄弟たちは、父が死んでしまったので、

  ヨセフがことによると自分たちをまだ恨み、

  昔ヨセフにしたすべての悪に仕返しをするのではないか

  と思った。そこで人を介してヨセフに言った。

  『お父さんは亡くなる前に、こう言っていました。

   「お前たちはヨセフにこう言いなさい。

    確かに、兄たちはお前に悪いことをしたが、

    どうか兄たちの咎(とが)と罪を赦(ゆる)してやってほしい。」
  
   お願いです。どうか、あなたの父の神に仕える僕たちの

   咎を赦してください。』

  これを聞いてヨセフは涙を流した。

  やがて、兄たち自身もやって来て、

  ヨセフの前にひれ伏して、

  『この通り、私どもはあなたの僕です。』と言うと、

  ヨセフは兄たちに言った。

  『恐れることはありません。

   わたしが神に代わることができましょうか。』」

              創世記 50章 15〜19節




 ヨセフはかつて兄たちに売り飛ばされ、死に瀕(ひん)しました。
 
 再会し和解したあとでも兄たちには、わだかまりがありました。

 自分たちがしてきたことで、どう裁かれるか、怖かったのです。


 けれどもヨセフは、神に代わって正義をふるいませんでした。

 彼がしたのは、人の罪を赦すことでした。


 彼は、神に代わって人を裁くことをせず、

 人間らしいことをしました。
 

 「神の正義は絶対だ」といって人を裁くのではなく、

 「私は神に代わることができないから」といって人を赦す。


 信仰って、いろいろあるんだ。

 神という言葉の出し方も、みんな同じではないんだ。


 聖書を読んで、ほっとしました。


 

イメージ 14





蒸し暑い日が続いています。


けれど、雨で気温が少し下がったとき、

ほんの少しだけ、秋が来る気配を感じました。


すると、少し寂しいような気がして……。


まだまだ夏なのですが、

名残惜しくもなります。


イメージ 11


       みなさま、夏のご健康にお気を付けて。

















ここしばらく、京都教区の教会訪問や、

牧師就任式・献堂式への出席が続きました。

以下にまとめて記します。

それぞれの写真、またはアドレスをクリックすると開きます。




イメージ 1
2017年 8月6日(日)

「洛南教会 献堂式」



イメージ 2
2017年7月30日(日)

「大津東教会 今井圭介教師 就任式」



イメージ 3
2017年7月25日(火)

「物部教会を訪れて」



イメージ 4
2017年7月25日(火)

「丹後宮津教会を訪れて」



イメージ 5
2017年7月23日(日)

「醍醐教会 津田一夫牧師 就任式」



イメージ 6
2017年6月25日(日)

丹波新生教会 宇田慧吾牧師・片岡広明牧師 就任式」



イメージ 7
2017年6月18日(日)
「京都葵教会 内山友也牧師 就任式」




(以上)