京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2017年4月30日(日)のこと

イメージ 8
(教会の庭にて)

 <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

 「2017年4月30日(日)のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 1

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分




 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。



イメージ 3




よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!


教会ホームページのアドレス

 








本日のブログは、ここから下です。













 2017年 4月30日(日) ブログ


イメージ 4


  2017年 4月30日(日)  京北教会 聖日礼拝

  聖 書 マタイによる福音書 7章 24〜29節

  説 教 「人よ、聴くだけでなく

  讃美歌21 155「山辺に向かいて」

        361「この世はみな」

        484「主われを愛す」  

  出席者数  32名  
         
  礼拝後 ・F君への幼児祝福 

      ・故Oさんの追悼(愛唱讃美歌1編489番)  

        
     イメージ 7

 京都に帰ってきたご家族を囲んで。初対面と、再会と。

 お母様の腕のなかの小さなF君と、お兄ちゃんになったY君。

 これからの道のりに、神様の守りと導きをお祈りいたします。 

イメージ 5
 
 教会庭の黄もっこう。満開です。

 集会室の窓から見えて、輝いていました。

イメージ 10

 教会の生け垣にツツジが咲き始めました。紅白で。

イメージ 11

 この日は、めっちゃ良い天気でした。

 気候よく気温よく、風がなくて、爽やかな日となりました。



イメージ 6



            週報掲載 <宣教のことば>

          ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──



  「わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、

  岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。

  雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、

  倒れなかった。岩を土台としていたからである。


  わたしの言葉を聞くだけで行わない者は皆、

  砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。

  雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、

  倒れて、その倒れ方がひどかった。」


          マタイによる福音書 7章 24〜27節



 マタイによる福音書5章から始まる、

 主イエス・キリストの説教の終わりの言葉です。


 5章からの説教全体を聞いて、

 それを「行う者」になる幸いを示しています。


 私たちは、主イエスの言葉を聞いた、

 そのうれしさをもって、そうなりましょう。


 それは、何か道徳的・宗教的に立派な人になることではなく──


 「喜ぶ人と共に喜び、悲しむ人と友に悲しみなさい」

           (ローマの信徒への手紙12章15節)


 「神を愛し、また隣人を自分のように愛する」

           (マルコによる福音書12章33節)


 ──そうした、聖書に示される道にたどり着くことです。

 

イメージ 9






<小さな願い>

春の良い天候が、しばらく続きますように……。