京北教会ブログ──(2010.8〜2020.7継続中)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2016年6月12日(日)のこと

イメージ 1


 <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2016.6.12

 「6月12日(日)のこと」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。



イメージ 2
イメージ 3

イメージ 4


日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分
 
 
「京北教会ホームページ」を、
 
このブログとは別に作っています。
 
よろしければ、下記アドレスをクリックして、

どうぞご覧下さい!
 
 
教会ホームページのアドレス
 

イメージ 5

 

 


 
 
 
 
本日のブログ内容はここからです。
 
「6月12日(日)のこと」










イメージ 7



 2016年 6月12日(日) 京北教会  聖日礼拝       


  聖書 ヨハネによる福音書 18章 1〜11節

  説教 「奪う力の前で」

  讃美歌21 208「主なる神よ、夜は去りぬ」
 
          531「主イェスこそ我が望み」

        504「主よ、御手もて」   

 
  
  出席者数 29名

  
        今日は微妙な気候で、暑かったようです。

        礼拝で、今年初めてクーラーをいれました。

        皆様の心身を守るため、適度に使います。


       
  礼拝後 ・お茶と祈りのとき 


  茶菓をいただいた後、教会からのお知らせや、
 
  個人消息などを牧師がお話しして、

  最後に3人の有志の方々にお祈りいただきました。

  共に祈りを合わせてくださった皆様、

  ありがとうございます。





イメージ 12

           今日の礼拝堂の花。

             アジサイ

        綺麗に活けていただき、感謝です。


イメージ 13

今日のお菓子は、手作りケーキでした。

他にも差し入れをいただき、感謝です。

  美味しくいただきました。


  皆様のご奉仕、ご準備に心より感謝します。



イメージ 8

 礼拝前に、奏楽のご準備と、花のご準備。



イメージ 9

      ケーキも、礼拝前に切ってご準備いただきます。

       ありがとうございます!


イメージ 10


    
        週報掲載 「宣教のことば」


   「イエスは御自分の身に起こることを

    何もかも知っておられ、進み出て、

   『だれを探しているのか』と言われた。」  

               ヨハネによる福音書 18章 4節



 イエスがとらえられる場面です。

 このあと、偽りの裁判にかけられるイエスは、

 十字架への道を歩むことになります。


 緊迫した場面ですが、

 イエスは冷静にしておられます。


 これから起こるすべてのことを知りつつ、

 あえて「だれを探しているのか」と問うのです。



 「だれを探しているのか」──

 このイエスの言葉に対比できる言葉が、

 旧約聖書にあります。


 創世記3章では、

 禁断の木の実を食べたアダムとエバが、

 知恵がついて神を避けて隠れる話があります。

 そして神様から「どこにいるのか」と尋ねられます。


 そんなふうに、罪の発覚を恐れる人間は、

 探されることを避けて隠れようとします。

 (神様から探されているというのに)


 しかし、今日の聖書箇所での主イエスは、

 自らを罪人に仕立て上げようとする人々に対して、

 自らを隠さず、人を避けず、

 逆に「だれを探しているのか」と問います。


   罪なきキリストは、逃げも隠れもせずに、

 神様とともに、いまここにおられます。

 そして「だれを探しているのか」と、

 私たちの心の中にある思いを問うのです。




イメージ 15


 教会のガクアジサイ

 
 

 




イメージ 6

 上の写真は、

 教会の大改修工事(昨年5月)終了直後の写真です。

 本当は電線が教会の塔を横切っている写真なのですが、

 ある方にパソコン作業をお願いして、画像ソフトで、

 その邪魔な電線を消していただきました。

 改修した直後の、美しい様子が、

 晴れた天気とも相まって、よく伝わってきます。


 下の1枚もそうです。(今回ブログの冒頭の写真と同一)

 教会の塔を横切る電線1本だけを消していただきました。

イメージ 14

 どこの電線を消したか、全くわからない、

 素晴らしい出来映えです。

 つつじも綺麗で、教会が引き立っています。

 このころは、まだ棕櫚の木がありました。


 パソコンでの画像作業をしていただき、

 本当にありがとうございました!

 教会の改修工事記録写真として、

 また、ブログやホームページにも、

 使わせていただきます。


 



イメージ 11


今週は、木曜日の午前10時半〜11時半、

「聖書に親しむ会」をします。

ヨハネの手紙1の4章を読みます。

教会員に限らず、ご自由に参加してください。