京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

4月5日(日)イースター(復活日)礼拝

イメージ 1
         

             <きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ

2015.4.5

 「4月5()のこと

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。
 
 

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7
 
 
京北教会のホームページを、
 
ブログとは別に作っていますので、
 
よろしければ、どうぞご覧下さい!
 
 
ホームページのアドレス
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
本日のブログはここからです。
 
「4月5日()イースター(復活日)礼拝
 
 
 
 



イメージ 5

教会の前の児童公園の桜が満開になりました。

しかし天気が悪く、うまく撮れないので、

夕方に夜桜として撮ることにしました。

このまま雨続きだと桜が散ってしまうので、

せめてと思ってのことです。


イメージ 6

少しカメラの露出の光量を上げて撮りました。

なんか別世界の雰囲気です。


一気に満開した花で満ちています。


イメージ 19

公園の電灯に照らされる桜も綺麗です。

夕方から暗くなる、ほんの一瞬の時間に撮りました。







イメージ 7

             
 2015年 4月5日() 京北教会 イースター(復活日)礼拝

 
 聖書 マタイによる福音書 6章 25〜34

 説教「何を思いわずらっているのか」

 讃美歌21     3「扉を開きて」

       326「地よ声高く告げ知らせよ」

       1編-496「うるわしのしらゆり」
   
         81「主の食卓を囲み」(聖餐式)
 
 出席者数  41名
 
 礼拝後  ・軽食 ・4月定例役員会




イメージ 8

 今日は聖餐式(せいさんしき)を礼拝のなかでしました。

 パンとぶどう酒(京北教会ではぶどう果汁)を、

 すでに洗礼を受けている方に配って、食します。


 イースターやクリスマスといった節目に実施している、

 この式があるときには毎回、週報に以下の文を掲載します。



 聖餐式について

 本日は礼拝中に短く聖餐式を行います。

 これは主イエス・キリストが、

 自らを「パンとぶどう酒」で現し、

 それを食する者は、主と共に生きることを表す式です。


 その意味を知ってから与(あず)かる式のため、

 すでに洗礼を受けている方にのみ、

 パンとぶどう果汁を配餐します。

 
 未受洗の方には、

 聖餐式を信仰への招きの呼びかけを聴く機会として、

 式の場に共にいてくださるよう願います。


 神様を信じる道である洗礼は、

 誰もが自らの重荷を降ろしていく道です。

 いつでもご遠慮なく牧師に受洗を相談なさってください。

 主イエスと共に、教会と共に、

 前に開けていく道を歩みましょう。



イメージ 9


 今日の礼拝堂の花は、白百合の寄贈をいただきました。感謝!

 白百合はイエス・キリストを現す象徴に用いられます。

 特に、主イエスの復活を現すことに用いられます。



イメージ 10


 今日のお昼は、炊き込み御飯とおひたし、黒豆とおつゆ。

 おいしくいただきました。ご用意を昨日からいただき、

 ありがとうございました。


 黒豆があると「お祝い事」らしさが出て、良いですね。



イメージ 11

 この4月から新しい生活地に向かうご家族とそのご両親が、

 今日の礼拝に来てくださいました。

 教会への感謝の御挨拶をいただきました。恐縮です。


 にぎやかに、そして心安らかに、礼拝後のひととき、

 たくさんの人数で昼食をいただいて、うれしく感じました。


 
イメージ 12


 
 おさなごの目を見て、こころで会話。















イメージ 21

 教会の屋根・外壁などの改修工事が進んでいます。


 4月下旬には足場を外せる予定とのこと。

 計画より早く進んでいます。あとは天気しだい。


イメージ 16

 礼拝堂の窓の防水塗装中。


イメージ 17

 教会事務室の木製の窓は、ガラスにヒビが入ったまま、

 鍵も壊れて開きもしませんでしたが、

 近日中に、サッシの窓に変わります。

 おそらく74年間ほど、昔のままだった窓が新しくなります。


イメージ 20

 母子室としても使われるこちらの部屋の窓は、

 この木の格子の雰囲気を残しておきたいとの意見で、

 そのままの形を残して、防水塗装のみをします。

 傷みが少なかったので残すことができました。



イメージ 13
 
 改修工事は5月中旬までの予定です。




イメージ 18


土曜日、とっても天気の日となり、

教会前の児童公園の桜が満開となりました。



イメージ 14


 子どもたちが駆け回って遊んでいました。



イメージ 15

 うわっ、めっちゃ綺麗。


イメージ 22

 
イメージ 23

 こんなにいい空間が近くにあって、うれしいです。


イメージ 25


 教会が、木々の向こう側にうっすら見えます。

 改修後の姿を現すのは、もう少し先のこと。






イメージ 24


 

 ────説教の断片────


  2015年 4月5日(日) 京北教会 イースター(復活日)礼拝

  説教「何を思いわずらっているのか」
 
  マタイによる福音書 6章 25〜34節



  
  今日はイースターの日です。

  聖書には主イエスの復活は、どう書かれているでしょう。

  
  復活されたイエス様が、その場所で語られた言葉。

  「行って、わたしの兄弟たちに、
 
   ガリラヤへ行くように言いなさい。

   そこでわたしに会うことになる。」

  (マタイによる福音書28章から)

  

  ガリラヤは、イエス様が宣教を始められた場所、

  兄弟と呼ばれた弟子たちとともに歩いた、

  思い出の場所でもありますし、

  都から遠く離れた辺境の地でもありました。


  そこに行くことで、あなたも復活のイエスに出会う──

  このことは、私たちにとって何を示しているでしょう。


  聖書の前で、わたしたちは思い悩みます。

  自分は、どこに行き、どんな生き方をしたらいいのかと。


  ずいぶん、思いわずらっていませんか。

  せっかく教会に来たのに、

  また、思いわずらっちゃいましたよ。

  「復活って何だ」とか。


  マタイによる福音書6章25節以降にこうあります。

  「だから、言っておく。

   自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、

   また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。

   命は食べ物よりも大切であり、

   体は衣服よりも大切ではないか。

   空の鳥をよく見なさい。

   種もまかず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。

   だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。」



  復活の出来事の前で、何を思いわずらっているのでしょう。

  大切なことは、何でしょう。

  古い自分にとらわれて生きることから解放されて、

  復活のイエス・キリストが示す新しい命に、

  自然と引っ張られて、ありのまま、

  空の鳥のように、野の花のように、

  神に愛されたなら、もう充分ではありませんか。



  みなさまに、ハッピー・イースターが、ありますように。  


   
イメージ 26