京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

7月13日(日)のこと

           <きょうほく・きょうかい>
「虹の架かる教会」京北教会ブログ
2014.7.13
 「7月13日(日)のこと」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 
 ─以下は、過去(2010~)のブログを読むときに便利な方法─
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。


イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約7分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!

ホームページのアドレス









本日のブログはここからです。
「7月13日(日)のこと」






イメージ 4
教会の庭の花。

 陽射しが日に日に強く、空気が日に日に蒸し暑く……。

 来ました。夏です。


イメージ 5

 夏だから、咲く花があります。




 2014713() 京北教会 聖日礼拝
 
 聖書 使徒言行録172231
 説教「一人ひとりから遠くない」
 讃美歌21 18「こころを高く上げよ」
      390「主よわが身を」
      433「あるがまま我を」
 
 出席者数  30名
 
 礼拝後 ・軽食 
     ・7月定例役員会
 
 (毎月第1日曜は、軽食と役員会がありますが、
 7月は都合により第2日曜に移しました)

 昼食後の役員会では、
 教会建物(礼拝堂・牧師住居)の改修について、
 時間をかけて話し合いました。

 屋根と外壁の老朽化による雨漏りの可能性や、
 窓枠、ひさしなどの傷み、その他いろいろな、
 改修の必要性を考えました。
 業者の見積もりを受けて具体的に話し合いました。

 そして、また後日に、教会のみんなが集う場で、
 今後の改修の計画を出して意見を聞こうと、
 予定を立てました。

 今後、みなさまのご意見、
 ご協力をいただくことを願っています。



イメージ 6

お昼はハヤシライス。キュウリの茗荷漬を合わせて。
ご用意に感謝いたします。美味しくいただきました。

雨模様で涼しい日かと思いましたが、
みんなで食べていると部屋が暑くなって、
クーラーを入れました。
これからは、こういう気候が続くのでしょう。

蒸し暑いなか、どなたも、
ご健康に気を付けてお過ごし下さい!

そして、また礼拝でお会いいたしましょう。




イメージ 8

 食事後、皆さんが帰り始めるころ。

 集会室の真ん中に場所をいただいて。
 みんなに見守られての、ひととき。


イメージ 9

 礼拝堂では、未来の奏楽者がオルガン練習中。ご両親です。
 讃美歌21-425番「こすずめもくじらも」など。

 
イメージ 10

 聞こえているでしょうか。





イメージ 7

 週報掲載 <宣教のことば>
 
 「あなたが説いている、
 この新しい教えがどんなものか、
 知らせてもらえないか。
         (使徒言行録 17章 19節)
 
 地中海沿岸の各国からの物品や、
 文化が入ってくるアテネのまち、
 ギリシャ文化の栄えたこのまちにおいて、
 人々は好奇の目でそれらを見て、
 おもしろがって過ごしていました。
 
 パウロが伝えていた、
 イエス・キリストの福音もまた、
 それらの中の一つとして、
 好奇の目で見られたので、
 人々はパウロに説明を願ってきたのです。

 どれだけ素晴らしいものであったとしても、
 人々の気まぐれな好奇心の対象にされて、
 「どこに素晴らしい点があるのか」と、
 つつきまわされるとき、どうなるでしょうか?

 それでは、きっと、
 本来の素晴らしさは伝わらなくなり、
 やがて捨てられてしまうでしょう。

 けれども、使徒パウロは受けて立ち、
 人々に説教しました。
 
 結果は、好奇心だけの多くの人は去り、
 少数の人だけが受けとめてくれました。
 
 こうしてまた一歩、進むべき道を進んだのです。




イメージ 11

ふと見ると、教会庭の夏ミカンの木に、
小さな実が成長してきていました。

イメージ 12

いくつも、いくつも……。

毎年のことですが、枝から上向きに実がつく光景は、
不思議な感じがします。


イメージ 13

地面には、先日の雨で落ちた実もたくさん。
今年は、少し収穫が少ないかもしれませんね。

収穫は毎年、1月末にしています。
みんなでマーマレード作りをします。


イメージ 14

晴れた日ばかりではないなかで、
実が育ちます。


イメージ 15

夏、秋、冬と、
これから長い期間を過ごします。







わたしたちの祈りも、
時間をかけた、
たゆまないものでありたい。