京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

2013年3月17日(日)教会創立104周年記念礼拝─トークライブ


<きょうほく・きょうかい>
「虹のかかる教会」京北教会ブログ
2013.3.17
「3月17日(日)教会創立104周年記念礼拝─トークライブ」

本日の記事は、
この下の、数枚の写真の後にありますので、
ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。


 
 ─以下は、過去(2010~)のブログを読むときに便利な方法─
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)

 ★ブログの右の欄の「ここ2ヶ月のブログ」という文字を、
 クリックすると最近の約2ヶ月分のブログが出てきます。

 ★右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 ★右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべて表示」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。

 ★上記の仕方で開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 記事の一覧表が出ます。
 
 ★右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログ作成の日で、これをクリックするとその日のブログが、
 表示されます。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会

京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約9分

京北教会のホームページを、
ブログとは別に作っていますので、
よろしければ、どうぞご覧下さい!






 
 2013年 3月17日(日)付 

「3月17日(日)教会創立104周年記念礼拝─トークライブ」





イメージ 4

上のような看板を、教会の門に立てています。

今日は、京北教会の創立104周年記念の、
特別伝道礼拝です。

イメージ 15




2013年 3月17日(日) 京北教会 創立104周年記念
特別伝道礼拝

 聖 書 エレミヤ書 18章 2~6節
 説 教「いつもそこに音楽があった──私と神さまの間に」
           関谷直人牧師(同志社大学神学部教授)
 讃美歌21 419番「さあ、共に生きよう」
       493番「いつくしみ深い」
         57番「ガリラヤの風かおる丘で」

 出席者数 31名
      初めて教会を訪れた方、久しぶりの方、
      教会員のご家族など、様々な方が来られました。

 礼拝後 ・軽食

     ・「歌のつどい」 出席者数 30名
      関谷牧師がギターと機材を持参され、
      みんなと一緒に讃美歌や様々な歌を歌いました。
      楽しいひとときをいただいて、感謝!


イメージ 6

朝、奏楽者が練習に来られる。
約50年前に京北教会の奏楽を始められた方。
今日は1916~17年製造の初代オルガンを用いられる。


イメージ 26

 今日のために、朝、担当の方が花をいけてくださる。

イメージ 7



イメージ 5

 朝早くから、女性会の方々による、
 お寿司の準備をいただきました。感謝。
 とてもおいしかったです。



 礼拝では、教会創立104周年を覚えて司会が祈りを献げ、
 説教は、関谷直人牧師から「伝道説教」をしていただいた。
 エレミヤ書 18章2~6節から、神の導きと人の成長について、
 そこに限界が無いこと、わずかずつでも人は変わりうることを、
 ご自分の今までの夢と挫折、重荷を負いつつの希望の歩みの、
 人生経験を通して、ユーモアを散りばめて語ってくださった。

 楽しく、またしみじみと、みんなで聴きました。
 関谷先生、ありがとうございました。

 礼拝後に、京北教会牧師から、創立記念礼拝にあたっての、
 挨拶がありました。
 104周年を迎えて、これから105年目に入っていく、
 京北教会の歩みを皆様と共に、主の導きのもとに、
 作っていきましょう──と。


 
 昼食の間に、礼拝堂で「歌のつどい」の会場設営をしました。

イメージ 8

 iPadとプロジェクターで、スクリーンに歌詞を映します。
 投光が明るいので、窓に外光を遮るための幕は不要です。

 実際にセットしてみると、なぜか映像がうまく出ず、
 急遽、別のノートパソコンにつなぐことにしました。
 今度は成功。ホッとしました。

イメージ 9

 関谷牧師、ギターを肩にかけます。スタンバイOK。

 では、今から「歌のつどい」を始めます♪

イメージ 10

 30名が聴き入ります。
 午後から、この時間のために来られた方もおられました。歓迎!

イメージ 11

 歌詞がスクリーンに映し出されるので、手元の紙を見るのでなく、
 みんなで前を向いて、上を向いて、歌えます。
 メロディーは、何度も関谷牧師が歌ってくださるので、
 それに合わせて。

イメージ 12

 讃美歌Ⅰ編(1954年版)を歌うことになったのですが、
 iPadの中にしかなく、パソコンの中には歌詞がありません。
 スクリーンに映せないので、どうしようかというときに…

 京北教会備え付けの讃美歌Ⅰ編が登場、活躍となりました。
 急遽、みなさんに配って、みんなで歌えました。

 以前に教会で呼びかけて、各人の家に眠っているⅠ編を、
 教会に寄贈していただきました。そうして集まった、
 40冊近い讃美歌Ⅰ編に、きれいにカバーをつけて備え付け、
 月1~2度ほど、礼拝のあとの、
 「こころで歌おう~新旧讃美歌一曲」の時間に、
 使ってきました。

 それが、この日のために、役に立ちました。あ~、よかった。
 
イメージ 13

 会場の熱気か、先生は上着を脱いで熱唱してくださいました。

 讃美歌にまつわるお話もたくさん、話されました。
 こういう形を、コンサートではなく、
 トークライブとかトーク&ライブといいます。
 
 この日、お話もあればギター独唱もあり、みんなも歌いました。
 約1時間のトークライブ。中身がぎゅっと詰まった時間でした。
 
 最後に先生が「ほんまは、あと1時間分ぐらい用意してきました」
 とおっしゃられました。iPadの中には、今日のために、
 他にいろいろな歌詞を用意してくださっていたそうです。
 どんな歌だったのでしょう~。

 あと1時間、聴きたかったなぁ。
 けれども、もっと聴きたいところで終わるのが肝心。

 関谷直人先生、朝の礼拝から午後まで、ありがとうございました。
 出席した皆様と共に、心より感謝申しあげます。

イメージ 14

 


   ─京北教会創立104周年記念にあたって─


 京北教会の創立記念日は、1909年3月25日です。
 この日は、京北教会に専任の定住牧師を置くことが、
 当日のメソジスト教会(教派)会議で決定される前日です。
 専任の牧師を定住することで、独立した一つの教会になった、
 そのような理解でこの日が創立記念日になったと推測できます。

 実際の伝道としては、この日からさらにさかのぼった、
 1901年12月8日が、京北教会の発端となる「烏丸講義所」が、
 烏丸五条下ルの場所に借家で出発した日です。
 そこから数えると112周年です。

 最初の講義所は、1901年の伝道出発から、
 借家を転々と5回移り、名前も「五条講義所」など変えつつ、
 歩み続けて成長し、信徒が増えて、
 さらに幼稚園を開設するまでに力をつけ、
 1923年に「京南教会」となり、
 その翌年には、ついに念願の会堂建築を実現します。

 京南教会に至る前の、
 講義所時代の住所は以下の通りです。

 (1)1901~1903  烏丸五条下ル 大坂町
 (2)1903~1912  不名門通 五条下ル
 (3)1912~1914  万寿寺通 烏丸西入ル 御供石町
 (4)1914~1917  松原通 間之町角 本灯籠町
 (5)1917~1924  松原通 高倉西入ル 本灯籠町

 そして、京南教会が建築されたのは、1924年
 (6)1924~1939  堺町通 松原下ル 鍛冶屋町
 (7)1939~1941  ?
 (8)1941~     下鴨神殿町17-3(現在地)


 
 さて、講義所であった借家があったところは、
 それぞれ、どんな町だったのでしょう。
 GoogleMapから現在の写真をひろって以下に掲載します。

 当時の正確な場所はわかりませんので、あくまで、
 記録に残されている住所の付近ということでの写真です。

 (1)1901~1903  烏丸五条下ル 大坂町
イメージ 19


 (2)1903~1912  不名門通 五条下ル
イメージ 24


 (3)1912~1914  万寿寺通 烏丸西入ル 御供石町
イメージ 16


 (4)1914~1917  松原通 間之町角 本灯籠町イメージ 18


 (5)1917~1924  松原通 高倉西入ル 本灯籠町イメージ 17


 そして、以下の付近に京南教会が建築されました。
 (6)1924~1939  堺町通 松原下ル 鍛冶屋町 
イメージ 25


 このあたりに、京南教会があったのか…。

 下は、現存する京南教会の写真。

イメージ 20

 そして、1941年に下鴨に移築移転して現在地へ。
 3月27日に献堂式が行われた。
 それにあわせて「京北教会」へと名称変更した。

イメージ 21

 こうして、京南教会と京北教会の2枚の写真を並べて見ると、
 会堂の形が違う。そのままの形で移築したのではなくて、
 資材を活かしながら、建て増しをしているようだ。
 内部の構造も違っている。
 礼拝堂そのものは、おそらく同じ造りであろうが、
 それ以外のところに手を加えて、
 新しい会堂を建てる思いで建築されたのだろう。

 下は、京南教会時代の「京南愛育園」の記念写真。
 礼拝堂を用いて保育がなされていた。 

イメージ 22


 歴史の中の教会…。


イメージ 23


 イースター礼拝の練習のために、奏楽者が来られた。
 京南愛育園時代からのオルガンは、今日も響いている。