京北(きょうほく)教会ブログ──(2010年〜)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

2012年8月12日(日)のこと

イメージ 13
 教会庭のサルスベリの花。

イメージ 1
 礼拝堂のカンノンチク。

 夏の光の中で、花も葉も実も輝いています。
 暑いけれど、人も…神様から与えられた命が輝いています。




 2012年 8月12日(日) 京北教会 聖日礼拝

 聖書 ルカによる福音書 9章57~62節
 説教 「気落ちせずに行こう」
 讃美歌21 210「来る朝ごとに」
       57「ガリラヤの風かおる丘で」
       520「真実に清く生きたい」

 出席者 25名

 礼拝後 ・こころで歌おう~新旧讃美歌一曲(自由参加)
        讃美歌Ⅰ編─501「いのちのみことば」

     ・「お茶と祈りのとき」 

イメージ 2

 左は、まるまる一個入りの梅ゼリー。
 梅のシロップがほどよい酸味で、美味しかったです。
 右は、松山銘菓のタルト。

 これらは、愛媛県の松山の近くにある、
 「川上教会」の牧師(京都のご出身)ご家族が、
 京北教会を来訪してくださった時に、
 お土産としていただいたものです。感謝申し上げます!

 下は川上教会の写真。
 (この写真は、四国教区中予分区のホームページから、
 取らせていただきました。感謝申しあげます)

 
イメージ 19

 京北教会牧師は、かつて1994年4月~2001年3月の期間、

 川上教会の牧師でした。そのゆかりがあってのご訪問でした。

 来てくださってありがとうございました。うれしかったです。

 牧師とご家族の皆様、また川上教会の皆様のうえに、

 神様の祝福と導きをお祈りさせていただきます。
 

 タルトは、教会のみんなで美味しくいただきました。
 ありがとうございました!
 
 本日の「お茶と祈りのとき」の祈りの課題は、
 個人消息、秋のバザーのこと、
 来週の教区交換講壇のこと、などなど。
 3人の方にお祈りいただきました。感謝。

イメージ 5
 教会庭のサルスベリの花。



 
      <週報「宣教のことば」欄から>
 
 聖書の言葉に触れたことによって、
 物事を前向きに考えてみたくなることがあります。
 それはもちろん良いことです。

 けれども、聖書を読んでいますと、
 イエスに従っていきたいと申し出た人々に、
 イエスがやんわりと、
 その願いを再考するように、
 さとしている場面が出てきます。
 (ルカによる福音書9章57~62節など)

 それは、せっかく前向きになった、
 人の気持ちをくじく言葉であるかに思えます。
 
 そのようにして、
 「何かいいことが書いてあるのかな」
 と思って聖書を読もうとした人が、
 そこで人の気持ちをはねかえすような、
 冷厳な言葉に出会うと、
 心が冷めてしまいます。

 これでは、聖書のどこに、
 「福音」(良き知らせ)あるのだろうか、と感じます。

 イエスは、
 ご自分に従っていきたいと願った人たちは、
 今は高揚していても、
 いつか何かの理由で、
 失望していくことを知っていました。
 それが人間の実像です。

 イエスは人の心を見ておられます。
 高揚する心はいつか冷める。
 その失望の中で、
 神様の言葉が聞こえてくると信じますか。
 そのことが問われているのです。

イメージ 3
 教会庭のキョウチクトウ



 さて、次週8月19日(日)礼拝は、

 京都教区「交換講壇」礼拝です。
 
 山科にある、京都復興教会から、

深谷与那人(ふかや・よなと)牧師が、

 京北教会に来られて、礼拝説教を担当されます。

 同日、当方の牧師は同教会で説教。


イメージ 14

京都復興教会。山科駅から徒歩でいける近さ。

幼稚園があり、敷地が広く、草木が豊かな教会。

ホーリネスという教派の流れにあります。



イメージ 15

礼拝堂、講壇付近。


イメージ 18

さっそく、次週礼拝案内の掲示を出しました。

深谷与那人先生、

次週、どうぞよろしくお願いいたします。





8月上旬、京北教会内部の、一部改修工事を行いました。

イメージ 6

          <教会工事の記録>
 8月6~11日(月~土)、教会の集会室トイレ改修工事を実施。
 個数増設と設備充実、内装も含めた前面改修工事。
 アイデアは20年前からあり、このたび実現。
 毎日、工事の過程の記録写真を撮りました。

イメージ 16

イメージ 7

壁に貼られた設計図。
イメージ 8

 一基増設のために、がっしりと内部構造を構築していく。
イメージ 9

 入り口のドアレールも改善。
イメージ 10

そして…完成。
業者の方々、ありがとうございました。
細かい部分もよく打合せさせていただいて感謝。
美しい素敵なトイレ(個室二つ)が完成しました。

イメージ 11

 手洗いの水も自動で出ます。
イメージ 12

 今までとは別物のようなトイレになりました。
 思っていたよりも、広い感じになり、よかったです。

 これ以上、写真は掲載しませんが、
 換気扇や手すりなど設備を充実させました。
 様々な方が安心して使っていただけるようにと、
 できる範囲で考えさせていただきました。

 改修にあたり、教会の皆様からいただいた、
 お祈り、ご意見、ご協力、ご献金などに、
 心より感謝を申しあげます。

 教会における、小さく見える変化にも、
 時間と祈りと労力と、いろいろなものがこめられています。



イメージ 17
 京北教会の会堂は、当初1924年建築、
 1941年移転新築された建物を、現在も用いています。
 88年間、礼拝のために立ち続けてきました。
 内装・外装ともに、少しずつ改修を重ねてきています。
 これからも、神様のみこころにかなう働きができますように。
 そして一歩ずつ、成長していけますように…。


イメージ 4
 
 
 空を仰いで、祈りつつ…。