京北(きょうほく)教会ブログ──(2010年〜)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ

バザールカフェの<ご紹介>店の由来や行事など、ブログやリンクで紹介します(2011年初出〜2020更新)

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20210321175821j:plain



バザールカフェの<ご紹介>
このブログでは、店の由来や行事などを、
各種のブログやリンクで紹介します。

(注)このブログによる紹介は、
バザールカフェの支援者の一人としての、
京北教会牧師による自主的な紹介です。
バザールカフェの公式のものではありません。
ただし、紹介している内容は、適時に、
バザールカフェのスタッフのチェックを経ています。
 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201202210928j:plain

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201202210640j:plain
まず、バザールカフェの場所と、
建物の説明と、運営のあり方、創設時をご紹介します。

そのあと、2011年の、本ブログの初出記事である、
「ピース・ミュージック・フェスタ2011」への、
訪問記を掲載しています。

それから、
2011〜2020年のバザールカフェの活動につき、
本ブログに掲載した記事や、
各種のリンクのご紹介を掲載しています。
必要に応じて、それぞれクリックしてご覧ください。
 
なお、筆者は、バザールカフェに支援者として関わっており、
本ブログでの写真記事掲載は、その作成の初出時に、
バザールカフェのスタッフに了解を得て作製しているものです。
バザールカフェのスタッフの皆様の、寛容で暖かい心に、
いつも感謝しております!
 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201202205148j:plain

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201202205443j:plain

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201202211444j:plain

                                                     

 

<参考>──以下、当ブログに掲載した、バザールカフェ関係の記事です。
下記のブログ紹介画像をクリックすると開きます。
 
★「ふだんのバザールカフェを訪れて」

★「バザールカフェ創立20周年──

フィエスタ(祝祭)2018を訪れて

上記のブログには、クラッパードイン土地建物を、
バザールカフェの活動のために貸してくださっている、
アメリカの教会の団体(
CGMB)の方々が、
バザールカフェ創立20周年記念に来訪された記事も収めています。


★「バザールカフェのフィエスタ(祝祭)2019を訪れて
──+2019年度後半の行事など」

★「アメリカ合同教会から京都教区への訪問団を迎えて」 

 
                                                    
 バザールカフェの場所

バザールカフェの場所は、
 京都市の「烏丸(からすま)今出川」交差点から、
 烏丸通りの西側を北に歩いて、
一本目のカドを左折して、少し進んだ所にあります。

地下鉄 烏丸線今出川」駅で下車、
4番出口から徒歩5分程度です。

駅の4番出口を出て、左(北方向)に行き、
1本目のカドを、左(西方向)に入り、
50メートル程度行って、道の左側にあります。
 
イメージ 36
(地図は(C)GoogleMap)
 
バザールカフェの敷地に、
自転車を停めるスペースはありますが、
自動車を停めることはできません。
(近くにコインパーキングがいくつもあります)

 店の場所など、詳しくは、下記の発信をご覧ください。
………………………………………………………………………………………………………………
★ バザールカフェ ホームページ

★ バザールカフェ Facebook
https://www.facebook.com/kyotobazaarcafe/ 
………………………………………………………………………………………………………………
 
イメージ 1
 
       ──バザールカフェの建物──

 上の写真の建物で、
    バザールカフェが運営されています。
 建物としての名称は「
クラッパードイン」といいます。

 昔は、この建物は、アメリカから来た宣教師たちの、
 住居である
「宣教師館」でした。

クラッパードイン」という名は、かつて居住した、
  3人の宣教師の名前をくっつけた造語です。

  クラップさんと、ビハードさんと、グインさん。
 
  クラッパードインを現在所有しているのは、
   アメリカの教会の団体。
 そのご厚意で、現在は日本キリスト教団の、
 京都教区が運用しています。
 

建物「クラッパードイン」に対する「京都の近代建築を考える会」による、
「第7回市民が選ぶ文化財」選出(2010年)評価を
以下に紹介します。
                
「京都の近代建築を考える会」HPより
「バザールカフェ」建物のクラッパードインに対する評価。
……………………………………………………………………………………………………………………

イメージ 2

       ──バザールカフェの運営──
 
バザールカフェ」は、
 2020年現在は週5日(火〜土)営業です。

 それを基礎活動としながら、
 在日外国人の就労のお手伝いや、
 この「ピース・ミュージック・フェスタ」のように、
 様々な企画運営をしています。

 ここの活動は、多くがボランティアでまかなわれ、
 夏や冬の、学生が休暇のときには休業もします。
 店に行きたい方は、バザールカフェのホームページで、
 営業の日程・時間帯を確認して行ってください。
 


 バザールカフェの運営は、
 市民有志が主体のバザールカフェ運営委員会と、
 日本キリスト教団京都教区の、
 協働プロジェクトとして運営しています。
 
                                        
──バザールカフェの創設──

バザールカフェの創設者の一人、
故 榎本てる子さん(元関西学院大学神学部教員・牧師)が、
1998年の創設時をふりかえって記した、
2008年の文章を下にリンクします。
ぜひお読みください!
★「みんなで作ったバザールカフェ」(2008)(PDF公開)
https://www.kwansei.ac.jp/cms/kwansei/pdf/department/theology/0000122999.pdf
                                         
そして、協働活動のパートナーとして、
バザールカフェの運営を後ろから支えているのが、
日本キリスト教団京都教区です。以下が公式サイト。

                                        


今までバザールカフェに関わってこられた、
すべての皆様、
ありがとうございます!
 
                                                    
     
   さて…ここからが本ブログの過去記事です。
 
f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200731233622j:plain
2011年 11月23日(水・休)
──バザールカフェ主催── 

「ピース・ミュージック・フェスタ」

を訪れて
 参加ミュージシャンと出店は実に多彩! 

 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200801003232p:plain

年に1回のバザールカフェのお祭りです。
ただし、今回のような音楽中心の、
「ピース・ミュージック・フェスタ」は毎年はしていません。
ふだんは毎年1回、秋に「フィエスタ」といって、
出店や様々なイベントをしています。

 
イメージ 3
この日、門から中へ入っていくと……、

 
イメージ 4
  長い木の通路があり…

イメージ 5
 こんな広い庭があり…

 
イメージ 6

 人がいっぱいでした。庭でのコンサートの最中。

                         

この日の出演者は以下の通りです。

12:00 ますっち、そーへい、つかっち、空

13:00 桑村カズタカ

14:00 こじまいづみ

15:00 こまさく 

15:30 ありらん食堂

16:00 くーみん

16:30 芳垣鷹虎&芳垣美紀
                         

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200801011609j:plain
 
花*花」というプロのグループの、
こじまいづみさんがソロ
で参加されました。

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200801011014j:plain

 ここでの写真は、マイクから離れて、

生の声とギターで歌ってくださった場面。

 すごい声量! びっくりしました。

イメージ 8
  とても明るい歌声に、心が押し上げられました。

イメージ 9
とにかく、人がたくさん来ていました。
大盛況!

 バザーの食べ物は、バザールカフェらしく、

国際色豊かです。

 下の写真はタイの食べ物。

イメージ 12
 
小皿のものは、サンマのつみれ挙げ。

辛いタレを付けて食べます。


 右下はバナナの天ぷら。

つぶしたバナナに厚い衣をつけて揚げます。

 白身魚のような食感で、

おかずにもおやつにもできます。

 どちらも、どっしりした食べ応えがあり、

美味しかったです。


 ほかにも珍しい食べ物がたくさんありました。

 ブラジルやフィリピンや韓国などの方が、

目の前で作ってくれます。

 この日の収益は全額、東日本大震災救援募金へ、

献げられました。



イメージ 10
上の写真、コンサート舞台の屋根をよく見ると…、
このフェスタがいろいろな方たちの、
ご協力によって出来ていることが
わかります。


イメージ 11
 
たくさんのミュージシャンの方々、
 滞日外国人の方々の出店、などなど、
バザールカフェの関係の皆様、
楽しい1日を作ってくださり、
ありがとうございました。


 
f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200801003232p:plain

 感謝! 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20200801000651j:plain

 2011年の、ピース・ミュージック・フェスタ。
みんなで、良い一日を過ごしました。
出演ミュージシャンやスタッフ、
また会場に来られた皆様に、感謝ばかりです。

ありがとうございました。

 

 



 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201005093259j:plain

また、ふだんの日にも来ます。
 

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201005094021j:plain

日常でありつつ、
日常と少し違う時間を、ここで過ごすために。 
 
 
 
 
 
 
                                    

<参考>──以下、当ブログに掲載した、バザールカフェ関係の記事です。

下記のそれぞれのアドレスを、画面上でクリックすると開きます。
                                                     
★「ふだんのバザールカフェを訪れて」

                                                    

★「バザールカフェ創立20周年──
  フィエスタ(祝祭)2018を訪れて」

                                                    

★「バザールカフェのフィエスタ(祝祭)2019を訪れて」

★「アメリカ合同教会(UCC)からの訪問団を迎えて」

                                   
バザールカフェの創設者の一人、
故 榎本てる子さん(元関西学院大学神学部教員・牧師)が、
1998年の創設時をふりかえって記した、
2008年の文章を下にリンクします。
ぜひお読みください!
★「みんなで作ったバザールカフェ」(2008)(PDF公開)
https://www.kwansei.ac.jp/cms/kwansei/pdf/department/theology/0000122999.pdf
                                                     

★バザールカフェの草創期に触れた対談記事(2000年)その1
大阪大学のサイト掲載資料より─

http://www.let.osaka-u.ac.jp/crossing-popularculture/artactivism.pdf

                                                      

★バザールカフェの草創期に触れた対談記事(2000年)その2 

バザールカフェの創設時にボランティアで関わった、
京都のアーティストの方々の働きを知ることができる、
ネット掲載記事(「Artscape」)上の対談をご紹介します。(2000年)

以下のアドレスをクリックすると読むことができます。
(元々の文字が小さいので、画面上で拡大してお読みください)
こうした様々なボランティアの方々に感謝いたします。
                                                    
★バザールカフェのスタッフによる活動紹介PDF(スライド形式)
                                                    

 ★バザールカフェでの2011年京都教区研修会(会場貸)+バーベキュー。 

★バザールカフェでの2012年京都教区研修会(会場貸)+バーベキュー。 

                                                    

 
建物「クラッパードイン」に対する「京都の近代建築を考える会」による、
「第7回市民が選ぶ文化財」選出(2010年)評価を
以下に紹介します。 
「京都の近代建築を考える会」HPより
「バザールカフェ」建物のクラッパードインに対する評価。
                                   

f:id:kyohhokukyohhokukyohhoku:20201113163055j:plain

2020年11月13日撮影。
京都教区の「ネパール・ワーク・キャンプ」のメンバーの活動として、
ネパールの飲み物、チャ(チャイとも言う)の販売をしています。

毎週金曜日のみ、バザールカフェの玄関横で営業します。
紅茶をミルクで煮出して、美味しいスパイスを入れます。

写っているご当人の了解を得て写真掲載します。
寒い中の野外でのご奉仕に感謝!
バザールカフェは、こんなふうに、様々な方が関わっている場所です。