京北教会ブログ──書庫(2010.8〜2019.8)

日本基督(きりすと)教団 京北(きょうほく)教会 公式ブログ (保存資料)

伝道礼拝とミニ講演会(2011)

イメージ 8

礼拝堂の講壇に立つ場所から撮影。
今日読む聖書の箇所が開けられている。

今日、この講壇に、礼拝説教のために立つのは…
病院のチャプレン(施設専属牧師)の方。

イメージ 2


 担当の方、礼拝堂のお花を生けていただき、ありがとうございます。
 朝の光に映えています。


 2011年 11月20日(日) 京北教会 聖日礼拝
 
  伝道礼拝

 聖書 申命記 8章 1~10節(旧約聖書から)
    マタイによる福音書 4章 1~4節(新約聖書から)

 説教 「荒れ野の泉~命の言葉をたずさえて」

 説教者 浜本 京子 牧師
      日本バプテスト医療団牧師・病院チャプレン
      日本キリスト教団 京都上賀茂教会 担任教師

 讃美歌21 484「主われを愛す」
       493「いつくしみ深い」
       280「まぶねの中に」

 出席者 40名(大勢来ていただき、感謝!)

 礼拝後 昼食

 12:30~13:50 ミニ講演会
         (お話と、ティータイム、語り合いのとき)

      講演題「いつまでも残るもの」浜本 京子 牧師

 13:30終了の予定を、出席者との語り合いの時間をとるために、司会の判断で、会場の皆さんにはかったうえで、20分延長しました。皆様のご了解をありがたく思います。また、出席した皆さんからいろいろなお話を出していただき、感謝です。


イメージ 3

礼拝堂の花。セージ。

心豊かな日となりました。
浜本先生、
ありがとうございました。
みんな、心を動かしながら、
また、楽しんで、
お話を聞かせていただきました。
 長時間のお働きをありがとうございました。
お疲れが出ませんように。

今日は私たちの教会に来ていただき、
浜本先生、
本当にありがとうございました。
 これからの病院などでのお働きに、
豊かな恵みがありますように。

そして、今日、礼拝でお会いできた皆様に感謝です。
初めてお会いした方、
久しぶりに来てくださった方、
時々来てくださる方、
最近来られている方、
ご病気が快復された方、
ご家族が入院中の方、
教会員のご家族の方、
ホスピスのことが知りたくて聞きに来られた方、
いつも礼拝に来られている方、
教会員のお友達の方、
…いろいろな方、

それから、
今日はどうしても来ることができなかったけれども、
心にとめていてくださった方々の、
思い、祈り、願いも含めて、

一期一会の出会いの中で、
今日も京北教会が、ここにありました。

「あなたの光に、わたしたちは光を見る。」
詩編 36編 10節



 ところで…今日は…
 ブログ筆者は、午前も午後も、ずっと司会をしていたので、
 写真の撮影を忘れておりました。

 なので、ブログに、今日の会の写真はありません。
 ご容赦ください。

 そのかわりに…

イメージ 6

「初釜」の写真。
 教会の厨房に、新しいガス釜がデビュー! 
 テフロン加工の内釜です。テフロンなので、右の今までの釜のように、炊いた後の釜にご飯がこびりつきません。今までは、こびりつきを取ることが大変で、炊いたあとの始末に大変な労力がかかっていました。そのことを役員会で話し合い、新しい釜を教会の備品として新しく購入いたしました。

 この釜は、保温機能付きです。だから、昼食時に炊きあげるために時間を逆算して、炊飯のボタンを押すためには誰かが礼拝中に席を外して厨房に行かなければならない、ということもありません。
 
 そして、今まで使っていた右の釜は、これからはシチューやおでんの温め等に用います。ものすごく速く、温められるそうです。まだまだ、これからも使っていきます。

 二台の釜が並ぶ厨房は、壮観です。

 そして…
 
イメージ 5

 これが、新しいガス釜のデビューとして炊いた、
 記念すべき炊き込みご飯。
 美味で好評でした。お食事を用意いただいた皆様に、感謝です。
 

 下の写真は、教会の庭。
 青かった夏ミカンが、あっという間に色づいてきました。
 2月上旬の収穫まで、木にならせておきます。
 マーマレードに適した実にするためです。

イメージ 1

夏蜜柑の色づくとき…それは教会の暦がアドベント待降節)に近づく時期でもあります。

イメージ 4

 この看板を、もうすぐ、教会の門のところに立てます。
 今日書いていただいたばかりなので、今は横にして乾かしています。

 来週の日曜日から、教会の暦で、アドベント待降節)という時期に入ります。クリスマスまでの4週間、待つ期間です。


 
 京北教会のクリスマス日程

・12月24日(土)午後7時30分~8時30分
 クリスマス・イヴ燭火讃美礼拝
 
 礼拝堂にローソクをともして、讃美歌を歌う礼拝。
 みんなの知っているポピュラーなクリスマス讃美歌を用います。

 礼拝後、近隣の三軒のお宅にクリスマス・キャロリング
 お体の事情でイヴの礼拝に来ることのできない方々の所へ徒歩で向かい、お家の前で讃美歌を歌って、クリスマスの到来が明日であると知らせます。

・12月25日(日)午前10時30分~11時45分
 クリスマス聖日礼拝
 
 礼拝後、クリスマスのお祝い会。昼食を共にします。

 イヴも日曜日も、飛び込みで来ていただいて構いません。
 (事前に教会にお電話いただけると幸いに存じます)



 今日の伝道礼拝の聖書の言葉

 「人はパンだけで生きるものではない。
 神の口から出る一つひとつの言葉で生きる。」
              マタイによる福音書 4章4節

 (文語)
 「人は パンのみに よるに あらず、
 神の口より いずる すべての ことばに よる」

 
イメージ 7

 
   神の…言葉?
 そんなものが本当にあるのでしょうか。

 あると思う方も、ないと思う方も、
 どっちとも言えない方も、

 どうぞ、京北教会のクリスマスにいらしてください。

 どうしても日程の都合の合わない方は、ふだんの日曜の礼拝に、どうぞ。

 または事前にご連絡のうえ、平日でも、教会(牧師がお話をします)にいらしてください。

 心身の事情などで足を運べない方は、教会にお電話ください。どうしたらいいか、ご一緒に考えましょう。


 今年、みなさま一人ひとりに到来する、
 「私のクリスマス」のために。

 それは、きっと、良いことなのです。